むかしむかしの話

むかしむかし 大学を卒業して就職した先は とあるハウスメーカーでした。 入社前、僕は知らなかったけど 住宅メーカーとしては 日本で5番目くらいの 売上の会社だったかな。 (もう存在していないけど(苦)) 建築学科を卒業したから 設計がしたい! って安易な考えを持っていて 運よく設計課での採用の話に 世間知らずの俺は喜んでいたけど 実際、配属された先は 地元の関西圏でもなく 設計でもなく 地方に飛ばされた上に営業!(驚) 騙された!って日々叫び 社会や大人のズルさを実感した 20代前半。 在籍期間は2年半くらい(だったか?) ほとんど、家を売ることはなかった 売れない新人営業マン 爆 そらそうだ。 やりたくない(やる気のない) 営業だったって事もあるけど そもそも その会社が販売している家(商品)は 全く持って どこがいいのか分からなかった (他社と比べても魅力を感じなかった)し お客さんに営業として 薦めるのに躊躇してた覚えがある(笑) あと、ローンをつけても 数十年後、このお客さんは 返済していけるんだろうなんて思う人たちもいた。 そりゃ、そんなこと言っている 営業マンは売れるはずないわね(笑) 全てを会社のせいにし 売っている商品に自信を持てず 努力を怠っている人間なんて(苦笑) でも あの時の経験は良くも悪くも 今となっては(?) その後の自分にとって 意味のある時間になってるんよね。 不思議やけど。

変わらない 変われない

コロナは中国の話と思ってたら あれよあれよと 日本の近くまで近寄ってきて 日本の遠くの港での 話だと思っていたら いつも間にか 関西まで近寄ってきて 大阪の話だと思っていたら 京都まで近寄ってきて 京都の離れたところの話だと思っていたら 姿こそ見えないけど 目の前に近寄ってきたアイツ 甘く見ていたら とんでもない恐怖心を与えやがる お前はゲリラか! 世の中は大きく変化してる。 リモートワークが進んだり ネット会議がどこも行われたり テイクアウトを行う店が増えたり いろんなことが変化しているのに 建築の業界は ほとんど変わってないな。 リモートワークも出来ないし ネットでは完結しないし テイクアウトも出来ない んーーーー 何が出来るかな?? 現場に行かないと 始まらない仕事。 昔から そんなに変わってないね そういう建築業界って どうなんやろ。 とりあえず 好きやから 良しとしとこうか(笑)

しばらくやっていなかった事

またまた 少し間があいてしまった。 2月から スタートしていた現場 下請けで 大工工事のみ手配と監理という 少し変則的だったけど しばらく やっていなかった仕事。 独立してからは 新築の仕事は請けていなかった。 というより 新築は請負金額が大きく 起業当初は キャッシュフローも少なかったので 新築を請ける考えは持たず 資金の回り方が比較的早い リフォーム工事を専門としていたんです。 でも、たまたま 今回、ご縁を頂いて 20年近くやっていなかった 新築という仕事に 久しぶりに関わらせて頂くことが出来ました。 大工工事はもう終わるので 最後の完成を見ることはないかも知れないけど 普段と違うことに 関わってみることは 新しい刺激や発見があっていい。 同じことを 継続していく大切さもは もちろんあるけど 新しい扉を開けて チャレンジすることで 新しい発見と新しい経験値を得る そんな メリットはあるんじゃない?☆

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved