いけばわかるさ⑧

2泊3日の予定で 飛び出した今回の旅♪ 初日は 半日、美術館で終了。 2日目は 丸一日、直島。 3日目の最終日は 帰宅の途の前に もうひとつ行ってみようと 選んだ瀬戸内海の島 「犬島」へ せっかく ここまで来たなら もうひとつ帰る前に 半日くらいで 周れる島ってどこだと選んだ 「犬島」 前知識もなく ここにも良さげな アートがありそうって事で☆ こちらも 朝一 6:00前から 宿泊していたホテルをスタート。 犬島へ船が出ている 岡山の宝伝港を目指す。 平日の早朝ってこともあったのか 瀬戸内海で有名な 「直島」や 「豊島」や 「小豆島」ほど メジャーじゃない島なのか ※そもそも 一日に舟が出る本数が少ないから 一本逃すと替えるタイミングを 乗船していた方は 地元の方率が結構高かった(笑) フェリーというよりも これぞ舟って感じの 乗り物で犬島に到着♪ 早すぎて 芸術祭のボランティアさんも見当たらず また準備すらしていない(笑) でもいいんです。 海を見て癒されつつ 島散歩をはじめる (すごく小さな島だから 普通に歩いて半日あれば島全体周れる感じ☆) 「人混み」 って言葉は無縁の 静かな島だからなのか 朝から 空気が澄んでいるようか感覚で 何でかわからないけど 島にいるだけで すごく癒される。 「島って、いいな!!」 ⑨に続く。

いけばわかるさ⑦

直島巡り 最終的に 帰りのフェリーの 時間との関係もあって 直島の一番奥まで行った帰りは バスに乗って港に戻ってきた。 普段住んでいる 京都とは違う素敵な風景をみて 島中を巡っていたら 昼ごはんも まともに取らずに歩きまくっていた。 そんなことに帰り際に気付く(笑) 歩いた歩いた。 瀬戸内海の海って おだやかな感じでいい☆ ようやく 岡山に戻ってきてから 宇野港のオブジェを拝見。 ゴミでつくられたオブジェたち。 なかなか素敵☆

いけばわかるさ⑥

直島ホールだけでも ここまで 来た甲斐があったと思いつつ 散策開始。 <ANDOミュージアム> さすがの安藤さん!だ(笑) ココだけに関わらず 直島のあちこちで見かけた暖簾が 印象的だったなぁ <南寺> 建物の外観をみただけでは 何のアートなのか よく分からなかったけど 中に入っても はじめは 不思議な感覚だった。 でも最後は・・・(笑) ココに入った人だけの お楽しみ♪ <護王神社> 事前に何も調べなくて 行ってしまったから ただの神社かと思っていたら・・・ ちゃんと知った上で 行けばよかった。 見どころを逃してしまった。 残念。 <角屋> こちらも ちゃんと事前に 情報を入れておけば よかったな あとでここにある アートの意味がわかった <黄色カボチャ> 本村地区から 少し離れた場所にある 草間彌生さんの黄色かぼちゃ (こちらにはバス移動で) 黄色かぼちゃと 一緒に写真をおさめようと 多くの人が並んで待っている(驚) さすがのインスタ映え 人気スポットってやつかな 人の多さには少しひいたけど 誰もいないような角度から撮影☆ その近くにいた 愉快なオブジェの仲間たち <ベネッセミュージアム> ホテルには泊ってないけど 併設のミュージアムは折角なので拝見 ホテル内部も気になる。 ホントは最後に 地中美術館にも寄りたかったけど 事前予約が取れなかったので (あと少し進めば美術館だったのに) 泣く泣くここで フェリーの待っている港に バスで戻ることに。 そりゃ 突然の直島行き決定では 予約取るのは難しかったか。 待ってろ! 次回、必ずリベンジだ。

いけばわかるさ⑤

岡山からフェリーで着いた 直島の港から ひたすら歩くこと (40分くらいは歩いたかな?) ひと山を越えた先の 本村地区に到着 こちらには色々と みるモノが沢山揃ってる♪ 家プロジェクトと言われる アートプロジェクトのエリアがココ☆ いろいろありすぎるので 詳細は省くけど 自分が一番心を惹かれたのが こちら ドーーーーーン!! 直島ホール 直島ホール!! 朝一で立ち寄ったので 内部を見ることは出来なかったけど 全体のプロポーションが 素敵やん☆(と思いませんか?w) 迫力もアリ カッコよくて 震えた!! 天気も良かったこともあったのか 素人写真でも 結構、映えたんじゃない?(笑) なんて 表現したらいいのか うまく表現できなくて 文字化が下手過ぎるけど ズドン!と 感情に突き刺さた感じ。 (心の中で) うわぁー! ウォォォー!! って叫んでしまった そんな感覚☆ 多分 伝わらないですよね・・・。(苦) 素敵な写真とか映像とか 世の中にたくさんあるけど でもね こんな感覚は現地に行って 実物を目の前にして 体感しないと味わえないと思う。 これは間違いない。 今ではVRの技術も進歩して 凄いらしいけど ※よく知らんけど(笑) 何事においても 間違いなく リアル(接近戦)って 一番じゃないかなぁ。 <おまけ> おまけにしては モッタイナイ 不思議な形状の港の待合室♪ 待合室 自転車置き場 トイレ がFRP製の球体の下に 本村港 待合ターミナル

いけばわかるさ➃

今回、僕が 直島にいったのは 芸術祭期間中だったけど 平日だったんです。 島に行った 一日で島を満喫して 帰ってこようと思っていたから 朝一のフェリーに乗って 岡山の宇野港から直島に向かったけど まずまずの人の多さにビックリ。 普段、 京都では見かけない 多国籍な人が多数。 直島ではフェリー到着後 ある場所は人だかり ひとつは レンタサイクル屋 もうひとつは バス停 なるほど 先に調べてきている人は レンタサイクルを借りて 島を周るってことかと思いながら わたくしは 徒歩でスタート。 坂道を歩きながら メインのアート作品の場所へ向かう途中 一瞬 要塞のようにもみえたけど 素敵な環境のなかに建っていた 直島小学校。 直島小学校 スピードだして いち早く目的地にいくのもいいけど スピードを出していれば 見つけることのできない のどかな風景を見て 太陽の光と秋風を感じながら 歩く良さって 思いのほかあるものさ。

いけばわかるさ➂

でね、 どうやら行こうと決めた日程は たまたま3年に一度の 瀬戸内国際芸術祭ってのが 開催されていた期間ってことで フリーパス券など販売されていて どうやらお得な様子 やぱり、ツイてたみたい☆ まずは 直島の玄関口の港 草間彌生さんで有名な 赤カボチャでお出迎え 赤カボチャ 幼いころから 絵を描く写生大会とか モノをつくる工作とか 好きだったってこともあって アートや 絵画や 素敵な建築物をみることで どこか素敵な刺激をうける感覚☆ 僕の中では 色んな意味で 仕事にもプライベートにも プラスに作用する 同時に感性も 磨きがかかる感覚になる。 直島パビリオン 感性を磨くことって 仕事においても 普段の生活においても 個人的にはすごく 必要なことだったりするんですよね。 多分(笑) 直島銭湯 I♥湯 ん? んなこと必要ないって? あなたには「感性」って 必要? 不要? どう思いますか♪

いけばわかるさ➁

あーー ➀から➁まで日が空き過ぎた、、、。 でも折角なので 備忘録として残しておこく(笑) 何の話をしていたか・・・な そうそう 一旦、倉敷までいって 大原美術館を堪能した話。 初日の昼について 倉敷では美術館だけ行って終わり(笑) この日はホテルに泊まって 翌日は、本来の目的の地に☆ 早朝から宇野港へ車を走らし 宇野港に車を置き、フェリーで いざ、「直島」 へ!! 10年くらい前かな 直島という島が 島全体でアートに力を入れている という話を テレビかなにかで知る機会があって 当時は おーーーいい感じ いってみたいなぁ と思っていただけ(笑) いつになったら行くねん? って感じだったけど 今回 少し時簡に余裕があったので 「行ってみよう!」と 急遽、決めてみた♪ 天候が少し心配だったけど 見ての通り 「青い空と白い雲!」 これでもか!ってくらい 写真映えする天気☆ 俺って ツイテル!(笑) ➂に続く

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved