今日、我何を思う

2019年4月30日が 平日だと疑わなかった僕が 今日、稼働させて頂いていた現場で 改めて思ったことがあったので 日記らしいことを たまには書いてみようかと ブログを書いてみました。 今日は大工さんしか 現場に入っていなかったからか 世の中がGWモードで 街中の人の動きが少なかったからなのか どこかいつもより静かな現場でした。 でね。 こんな日でも作業に勤しんでくれている 大工さんをみながら ふと思ったんですよ。 平成がどうだったとか 令和をどうしようとか そういったことではなく(苦笑) 基本的には建物って 下から上に積み上げていくしか 出来上がらないモノなんです。 何もない場所に 屋根を先につくってから 土台(足元)を作ろうなんてことは 天地がひっくり返ってもありえない(笑) ***** 基礎をつくって 土台を敷いてから 床組みをして 壁を起こして(柱を建てて) 1階から2階を作って 屋根をかけて・・・・ みたいな感じ☆ ***** 一つづつ基本に忠実に 積み上げていく そんな仕事。 ***** その方法に 小細工も近道もない。 手間をはぶいて手を抜けば 抜いたなりの建物が出来上がる 早く帰ろうと 慌てて作業をしても ミスに繋がるだけで いいことなんてひとつもない。 知識を着実に 積み上げていくことも必要。 特にリフォームや リノベーションなんかは 人が時間と手間をかけて 作業を進めなければいけない仕事。 機械化を 楽して進めてやろうなんてことは 無理じゃないか。 多分、令和の時代になっても そこのところは 変わらないような気がする。 だから 基本に忠実に これしかないだな。

GW期間中は

今年もGWという時期が やってまいりました。 当社のGW期間中の 営業状況ですが 現在稼働中の現場が 4月29日~5月2日は作業を行っていますので この期間中は通常営業通りです。 5月3日~5月6日まで 現場をとめいる関係で 形式的にではありますが 5月3日~5月6日 を休暇とさせて頂きます。 なお、いつもながら 電話・メールなど この期間中であっても 連絡がつく状態を取っていますので お困り事が御座いましたら 遠慮なくご連絡ください。 できる限りの対応をさせて頂きます。 ※ 職人や資材関係の取引会社が休業中のため 出来る範囲は限られることはご了承ください。 それでは皆さま それぞれのGWをお楽しみください♪

新しく聞いた助成金

前のブログで話していた 補助金などの説明会にいって こんなのがあったのかって 初めて知った助成金。 調べた訳じゃないですけど 多分これは 何年か前の地震があった後にできた 助成金じゃないかと思うんですけど。 (※ 違っていたらすみません) 「ブロック塀等の安全対策に係る支援制度」 ブロック塀を除去する費用を 助成しようという制度。 おそらく ブロック塀の安全性を保つために 「除去するならその費用の一部を負担しますよ」 って助成金。 「1m以上の・・・」 って条件はあるようですけど 詳しい条件は 京都市のHPで検索を掛けてくださいね。 未だに街中を歩いていると 高く積み上げた 危険なブロック塀を見かけますけどね。 決して十分な金額が 助成されるわけでは無いと思いますが 撤去を行いたいと思っていても 費用負担がネックになっている人がいれば 助成して貰えば いいんじゃないでしょうかね。 頼れるところは 頼りましょう☆ 個人的には恥ずかしながら 今回、説明会に行って 初めて知った助成金なんですけどね(苦)

まとめて聞けるなら

今月の初旬 行ってきましたよ。 どこに? あそこに。 あそこってどこ? 「京都市の補助金制度説明会」 だいたい今の時期すね。 毎年、予算がついたころに やってるんじゃないでしょうか。 説明会に行かなくても 京都市のホームページや 国土交通省のホームページを開いて 少し探して読み込めば 新年度の補助金関係の情報は 得れるんですけど 正直、バタバタしていると ホームページをみに行くことも ついつい忘れしてしまって 新しい情報を取れないまま 本来、受けれる可能性のある 補助金の話を お客様に出来なくなって 損(?)をさせてしまうことになるので まとめて聞けるなら 強制的に時間をさいてでも 直接、説明会なんかに出向いています。 この日も現場が終わって 会場に走りましたけど 説明話の間 寝落ちしそうになりました(笑) (※ ちゃんと聞いていますよ) 今回、知らなかった 情報がひとつありましたね。 (※ 常々、勉強不足なだけですけど・・・) やっぱり動かないとダメですね☆ と、言うことで 次のブログでいくつかお話しておきますね。 もし、あなたが 条件に当てはまるなら 助成金や補助金は 貰える方がいいでしょ♪

嫁ぎ先決定!!

記憶に残っていますか? 以前、発注の加減で 在庫になってしまった フローリング 3ケース かなり早い段階で お問い合わせをいただいていたのですが ご連絡いただいた方の 施工エリアが遠方だったので 無料で建材を差し上げても 施工費が割高になるということで 断念するカタチになっていました。 その後、約半年 当社のVIPルーム (と言う名のトランクルーム) で待機していましたが ※ 皆様の記憶からは消えていたでしょうが このたび晴れて 嫁ぎ先が決まりました!! 当社でリフォーム工事の 契約をして頂いたお客様。 材料代が無料サービスなら 「小屋裏収納の床に使わせて頂いてもいいですか」 と言うことで♪ 小屋裏と言っても 子供さんの読書スペースになる 可能性もあるようなので ちょうどよかった☆ 先方の方にも喜んでいただいて 当社も無駄にすることなく 使って頂くことが出来て♪なにより♪ みなさま ご協力ありがとうございました

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved