こんなところで違いがわかる

ガス式の床暖房は

フローリングと同じ厚みのパネルに

温水を通して床を温めているわけです。

写真で銀色にみえている部分が

その温水パネルなんですが。

その温水パネルに

床暖対応のフローリングを

ボンドで貼っていく形になります。

一般の方には

分かりにくいところですが

われわれ施工側的としては

この作業をすすめていくと

ある違いがわかってくるんですね♪

それは何かといえば

フローリングの値段の差と

その重さ。

見た目は同じように見える

フローリングですが

値段の幅があります。

同じようなフローリングなので

値段重視で選ぶのもいいですが

そもそも床暖房用のフローリングは

少し値段が高いモノが多い。

熱に強い基材を使っている

こともあると思いますけどね。

施工で梱包のケースを運べば

一目瞭然☆

とりあえず重い!!

重いと言うことは

密度が高いので

しっかり固い素材

という事でしょうかね。

ここにも

値段に差がある理由が

良く分かります。

価格が高い

価格が安い

その利点と欠点を教えて貰いながら

使用する部屋などで

うまく使い分けてみてください。

意味もなく

「高い・安い」という事は

無いと思いますので。

すべての事に

理由はある筈ですから☆

フロー輪g布

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved