気候と密接に関係している

まだまだ

コロナは収まりそうにありませんね。

いっときより

お客様との打合せや

稼働している現場数は

少なくなってきた

感はありますが

あきらかに増えてきた

こんな相談があります。

(当社としての話です)

それは

突然の雨漏れからはじまる

「屋根の改修と外壁塗装」のご相談。

毎年のように来てしまう

台風並みの雨、風。

各地で起こる豪雨災害にも

関係しているのかもしれませんが。

いままで

大丈夫だったけど急に雨漏れが・・・。

というご相談が数件続きました。

確かに

今までの雨では

室内に入ってくることが無かったのに

上から降ってくるハズの雨が

左右は当然のこと

下からも吹きあがってくるような

ことが増えてきています。

屋根の状態を確認してみると・・・。

(※ 踏まれる場所でもないのにひび割れしている)

屋根材が耐用年数をはるかに超えて

劣化してひび割れている

とか

防水性を保つために

施工するコーキングと言われる

充填剤が劣化して

防水性をなしていない

とか見受けられたりする。

(※ コーキングの劣化でこちらもひび割れ)

豪雨の影響もあるけど

そもそもメンテナンスが

間に合ってない

という事が多いようですね。

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved