ゴミはマイナス資産です

収納や荷物の行き場について

少し話をしてきました。

そうなってくると

リフォーム工事前の

「超あるある」の話を

ここでひとつ

書いておきましょうか。

いらなくなった荷物問題。

不動産で中古物件を購入されて

リフォームを検討される方には

ピンとこないでしょうけど

今まで生活していた家を

リフォームされる方にとっては

現実をみなければいけない大問題

かつ「あるある」です。

この際だから

いっそ処分をしようと

多くの方はお考えになります。

それで さてどうしましょう??

ですね。

なにがあるかなぁ ですけど

まぁいろいろありますね。

要らなくなった

家具やら布団やら電化製品やら

どこにあったの??

というくらいの

アレやコレ(笑)

我々も工事中の作業で

解体した木材やコンクリートガラなど

いっぱい出てくるので

産業廃棄物として処分している

タイミングで

「一緒に捨てて貰えませんか?」

というお話をいただきます。

が、

家庭ごみと産業廃棄物は別モノ

で我々が一緒に処分しがたいのが現状です。

われわれが扱っている

現場からでるモノは「産業廃棄物」

お客様が不要になったモノ

(長年溜めてこられたモノ)は

本来「一般・生活ごみ」なので。

大型ごみとして処分が正しい処分方法です。

費用も

大型ごみとして市に依頼して

処分される方が安くて済みますし

布団や電化製品やなどは

われわれからお願いしている

産業廃棄物業者は

原則、引き取ってくれません。

我々を取り巻く、

ごみ処分事情や考え方は

ひと昔とは違ってきているので

ご注意ください。

一度、相談いただければ

一番いい方法を考えて

お伝えすることが

出来るかと思いますので

お声がけくださいね。

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved