今日、我何を思う

2019年4月30日が

平日だと疑わなかった僕が

今日、稼働させて頂いていた現場で

改めて思ったことがあったので

日記らしいことを

たまには書いてみようかと

ブログを書いてみました。

今日は大工さんしか

現場に入っていなかったからか

世の中がGWモードで

街中の人の動きが少なかったからなのか

どこかいつもより静かな現場でした。

でね。

こんな日でも作業に勤しんでくれている

大工さんをみながら

ふと思ったんですよ。

平成がどうだったとか

令和をどうしようとか

そういったことではなく(苦笑)

基本的には建物って

下から上に積み上げていくしか

出来上がらないモノなんです。

何もない場所に

屋根を先につくってから

土台(足元)を作ろうなんてことは

天地がひっくり返ってもありえない(笑)

*****

基礎をつくって

土台を敷いてから

床組みをして

壁を起こして(柱を建てて)

1階から2階を作って

屋根をかけて・・・・

みたいな感じ☆

*****

一つづつ基本に忠実に

積み上げていく

そんな仕事。

*****

その方法に

小細工も近道もない。

手間をはぶいて手を抜けば

抜いたなりの建物が出来上がる

早く帰ろうと

慌てて作業をしても

ミスに繋がるだけで

いいことなんてひとつもない。

知識を着実に

積み上げていくことも必要。

特にリフォームや

リノベーションなんかは

人が時間と手間をかけて

作業を進めなければいけない仕事。

機械化を

楽して進めてやろうなんてことは

無理じゃないか。

多分、令和の時代になっても

そこのところは

変わらないような気がする。

だから

基本に忠実に

これしかないだな。

また明日も

引き渡すときに

喜んでもらえるよう

現場に

立ってこようと思います☆

素敵な令和の幕開けと

GW後半戦を

お楽しみください♪

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved