プチ情報

今年も

クリスマスが

やってきましたね。

メリークリスマス!!

ということは

もう年末ですか??

はやいですね(笑)

さてさて、今日はこれから

(来年か再来年か10年後かわかりませんが)

リフォームを依頼する

可能性があるあなたに

参考になる話を

少し書いておきます。

予備知識として

知っておきたい方は

この先も読んでみてください。

~~~~~

我々の建築・住宅業界も

他業界と同じく

人手不足・職人のなり手不足

ということに

変わりありません。

そんな中、今年

日本中で被害をもたらした

台風や地震など

たて続きに起こった災害も

記憶に新しいでしょう。

今もまだ

その被害の修繕工事を待たれている方も

いらっしゃることかと思います。

災害からからもう

3ヶ月、4ヶ月経っているのに

まだ修繕工事が追い付いていない

ということです。

当然、災害後の修繕工事も

行われていますが

新築や通常のリフォーム工事も

ありとあらゆるところで

同時進行的に

行われていますからね。

前にも少し書きましたが

需要と供給のバランスが

明らかに崩れてきているという

感じはします。

そこで本題です。

もしあなたが

リフォームやリノベーションを

検討しようかと思ったとき

以前よりも

時間に余裕を持って

計画を立てて

しかるべき会社に相談してください。

一時期から比べると

明らかに

作業をお願いする職人の確保に

時間がかかっていることは

間違いないからです。

災害対応に

人手を取られているのか

他に原因があるのか

これから慢性的にそうなのか

一時的な状況なのかどうなのかも

我々ですら、わからない。

現在、賃貸にお住まいで

次に中古物件などを購入して

リフォームを行ってから

引っ越そうと

計画されている方は

特に注意 です。

物件決済から

リフォーム期間を逆算して

引越し日を決めているのが

いまままで当たり前でしたけど

「工事が進めれない」となれば

大変なことになりますからね。

不動産業者と

リフォーム業者と

うまくやり取りをして

みてくださいね。

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved