さらに屋根の話 その③

合板が張り終わると

防水の為に、ルーフィング張りの工程へ

ルーフィングまで施工してしまうと

雨が降っても雨漏れになることは

先ず無いので安心して工事を進めることはできますが

今回はそのルーフィング施工をする直前

工事の進捗途中に雨が降り

ブルーシートで養生させて頂いて

天候が良くなるの待ちましたが

一部養生が甘かったために少し建物内に

雨が入ってしまうアクシデントがあり

お施主様にはご迷惑をおかけしました。

( 申し訳ありませんでした )

仮に雨が瓦の下に

流れてしまうことがあっても

ルーフィングによって直ぐには

雨漏れが室内に入ることを塞ぐ効果。

今回の瓦は土を使わず

桟葺きと言われる工法で

こちらも軽量化。

屋根工事の内容によっては

既存の屋根材をめくらずに

上から新たな屋根材を施工する工法もありますが

瓦の葺き替え工事となると

元々の瓦は下ろして処分する工程があるので

どうしても費用がかさんでしまします。

でも

家を維持するため

安心してこれからも

その家に住むためには

必要なメンテナンスの一つなので

雨漏れが今していないからと言って

安心せずに

家が建ってから

20年、30年

屋根に関して何もしてなければ

信頼できる会社に相談されることを

お勧めします☆

<追伸>

※ 怪しい会社には気を付けてくださいね

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved