外部工事が大事なワケは

一般的に

リフォーム・リノベーション

と聞けばどんなイメージですか

○ 建物内部の設備機器の入替

○ 昭和な古い空間からオシャレな空間への変貌

○ 間取りの変更

まぁ、人それぞれかと思いますが

いろいろと頭に思い浮かぶでしょう。

ついつい

内部の空間をリフォームすることを

イメージしがちですけど

建物を建ててから

どこもリフォーム(改修)

をしていないのであれば

外部(外壁や屋根)も

同じくらい劣化が進んでいるハズ。

どうしても

内部はいつも

目に付くからね。

第一優先で

いろいろと手を付けたくなるし

綺麗になった空間で

暮らすって

テンション上がるから

予算のウェイトが大きくなりがち

なのは分かるけど

大事なのは外部ですよ。

ってか

言い切ってもイイ

外部だって!!(笑)

雨漏れなんて

一度、起こりだせば

そのまま放置して

自然と直ることは無い。

多くの人たちが

雨漏れが分かった段階では

もう建物にとって

深刻な状態だってこと。

その雨漏れを

放置っするってことは

雨が降れば

建物に雨が浸透して

構造の木部や鉄部を傷め続けるワケで

放置すればするほど被害は広がって

直す範囲が大掛かりになって増えたり

修繕するのに費用が掛かってくる。

雨漏れは見つけた場合

早めに対応すればするほど

結果的に

一番費用が掛からずに

済むってこと

↑ ↑ ↑ ↑ ↑

これは、すごく大事!!

覚えておいて下さいね☆

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved