「見積無料」の裏側で。

ちょくちょく聞かれます。

「見積は無料ですか」って。

この質問の主旨は

金額が分からないと

判断材料がない

と思われているんじゃないかと

個人的には理解している。

(本当は肝心なのはそこではないと思ってるんですが(笑))

だから現時点では

当社も「見積無料」としているし

他の会社も

「無料」としている

ところは多いでしょう。

なぜ多くの会社は

見積無料としているのか?

有料にすれば

お客さんは見積の依頼をしない

      ↓

契約を獲得するチャンスがなくなる

ということで無料にしているってこと。

(それが正しいかどうかは別ね♪)

「○○無料」の裏側

でもね。

よくある話で

無料であるがゆえに

提供を受ける側(お客さん側)に

そのサービス(見積無料)

を軽んじる人が少なからず

いらしゃるという話。

リフォームの見積をするって

あなたが思っている以上に

時間と労力をつかう。

お客さんから

要望をヒヤリングをしながら

現地を確認して相談を受けて

現状の間取り図を描き

希望にそった

リフォームプランを描く。

その内容に基づいて

協力業者も巻き込んで見積を作る。

時間にすると

数日から内容によっては数週間。

その見積を手に取ったとき

あなたはどうしますか?

金額だけをみて

「高い」だとか「安い」とか。

相見積をしていた場合なら

見積を手にした後

お眼鏡にかなわなかったり

いろいろな理由で計画断念になったり。

でも、たまにいらっしゃるんです。

見積を提出した後

何の音沙汰も無くフェードアウトされる方が。

少なくとも気になっていた

見積が費用も掛からず

あなたが手にしたのであれば

最低限の礼節をもって

最後は対応してあげてください。

宜しくお願いします☆

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved