やっぱり気になる。

TAKAMOKU工房の

HPを見て頂ければ

何となく気付くかも知れませんが

HPをつくった頃は

新建材を出来るだけ使わない

リフォームの提案ができれば最高

だと思っていました。

(言い回しが過去形になっていますけど(苦))

なぜなら

社会人になって

新築の営業をしていた時に

本当にビックリしたから(笑)

建材に含まれる

化学物質が身体にどう影響するか

言われたり

その物質の含有量の基準を

国が設ける前に受けた衝撃。

20代のころ

新築の建物が完成した家に

先輩に連れられて室内に入ると

とてつもない刺激臭がすごくして

目がチカチカして

普通に長時間

室内にいることができないくらいの状況でね

新築の建物が完成した後は

少しでも時間があれば

「窓を開けて空気を入替えてこい!」

と上司から言われて物件にいってた。

そんな家に入って

強烈に身体が拒絶する異変を感じたときに

「こんな家に住むってどうよ・・・」

って感じていたんです。

そのときは

自分が家(住空間)に対する想いや考えも

そんなに強くなかったけど。

改めて考えると

なんかやっぱりね・・・。

当然、建材なんかも

年月を経て

いろいろ改善されているから

当時よりは

そんな衝撃を感じることは

少なくなったけど

この前のトイレ工事の一件で

改めて思い出したんですよ(苦笑)

当時と同じくらいの

衝撃を受けたから。

やっぱり

自然な素材を使うことが

一番いいのかなって☆

ってか

化学物質がどうだとかいうのは

後付けの理由かもしれないけど(笑)

僕自身が

コンクリート造りのような

無機質な建物や空間より

自然な風合いや素材が好きなんでしょうね。

今までによくやって来た

一般的な改装工事でも

果てしなく学びはあるけど

本当はもっと

ナチュラルな素材を使った

工事を多くやりたい

って思ったんだ。

せっかく関わるなら♪

*****

業者に丸投げするのではなく

自分が住みたい

自分が好きな空間を

造りたいと思ったあなた。

一緒につくりましょう♪

*****

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved