業界(裏)事情 ➁

「①」の次は「➁」と決まっているので

 今日は「➁」の話。

職人確保の問題は

結構前から言われていた話。

で、そんな時にあなたは

大手の会社に頼めばシッカリしているから

大丈夫じゃないかって考えるかもしれないけど。

大間違い!

どこが? なんで? と思うでしょ。

大手であろうが中小零細であろうが

最前線で建物を作り上げてくれている人は

それぞれの工程で仕事をする

職人さんたちであることは間違いない。

職人さんのなり手は減ってきている。

高齢化で辞める人が増える。

人口減少・新築着工数減少傾向と言っても

数十万件の新築と

いままで建てた建物の改修需要が必ずある。

ますます

仕事量 > 現場で仕事をする職人さん数

となってくる。

今までは、

大手企業は仕事を切らさないから

単価を安くてもついてきてね♪

なんてことが

あったかもしれなけど

これからは(もうすでに)

職人さん側が

どこで

どんな仕事をするか

を選べる時代に突入しているってこと。

それは

お金(単価)かも知れないし

段取りがいい環境かも知れないし

やりがいのあると感じる仕事かもしれない。

だから

「大手の会社からの仕事」

というだけでは

職人が集まらなくて

現場が進まないということもありえる。

たぶん、これから

今まで以上に

需要量がが供給量を上回っていくと

価格はあがる。

きっと。

このことは

今は関係なくても

いつかはどこかに工事を依頼する側になる

あなたは知っておいた方がいい。

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved