業界(裏)事情 ➀

年明けから少し経ちましたが

現場は、ボチボチと動き出しはじめた

って感じです。

年明け早々にある呑み屋(?)で

たまたまカウンターの隣に座っていた

初めてお会いした方と交わした会話の一つで

業界あるあるを

業界の内情を知らないであろう

あなたにだけにお話ししておきます。

ちょっとでも

頭の隅にでも入れておくと

今後、何かの役にたつ

ときがきっと必ず来る。

簡単にいうと

建築業界において

現場で作業を進めてくれる職人さんが

減っていて慢性的に人手不足っていう話。

アルバイトが見つからないとか

後継ぎがいないだとか

一見、どこにでもあるような話のようだけど

建築の業界は少し違うかもしれない。

いくら工業化が進んだといっても

機械に頼ったり

すべてオートメーションに出来る訳でなく

ある程度の経験(下積み)は必要なわけで

なのに

20代、30代の職人さんが現場に少なすぎる。

年々、なり手がすくなくなっているってこと。

じゃ、既に現場を動かす裏で起こっているか。

仕事の依頼があっても

作業を進めてくれる人を段取りすることが

年々、厳しくなってきている。

仕事量が右肩上がりで

増えているから人手がないのでもないようだってこと。

若い人のなり手が減っている中

今、現場を動かしている年齢層が高齢化で

引退する人たちもいる。

(多分新たななり手より、引退していく人の方が多いかも)

そうなると今まで以上に

現場で作業してくれる職人さんの

確保合戦がはじまる

だろって話。

ここで

大手企業に頼めば大丈夫!!でしょ

って思っているあなたは

大間違い。

個人的に

大間違いと思う理由は次回!!

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved