で、実際はどうかって話。

でね。

シロアリって被害にあって

気付かれるパターン(流れ)って

どんな感じなのか

という、例え話

(ココだけの話、実際あったことですけど(苦))

どれくらいかな??

築30~40年くらいの家の

改装の依頼をうけて工事を進めていた

とある現場として話をすることにしましょう。

(とある現場ですよ、とある現場)

(あくまで仮定の話ってことでお願いしますね)

持ち主さんのご事情で

少し空き家状態が続いていたようで

売却の為に今回

少し手をくわえて販売しようとご相談。

もともとに内部は

お風呂とトイレがタイル張り造りな感じで

昭和の雰囲気が漂う家。

でも、少しフローリングなど張り替えて

部分的に手は加えてリフォームをしていた。

よくあるんです。

よくある話。

「リフォームあるある」な話です。

多くの方は

家の中(内装とかお風呂やキッチンの入替なんか)に、

予算の大半を使われる。

というか、リフォームを考えるとき

予算を使う優先順位が高い箇所

って言えばわかりやすいですかね。

本当に大事な

(あくまで僕が思っているだけですけど)

構造的なことや

外部の屋根とか外壁とかは

後回しになりがち。

個人的には手を加えるなら

外回りが最優先だと思ってるけど。

< Q >

何故そんなことになるのか?

< A >

見た目は良くなるし

使い勝手も間違いなく良くなる。

どんな人でも自分たちで

良くなったことを実感できるから。

本来しっかり考えないといけない

箇所は後回しにして

あるタイミングで

水廻りなんかのリフォームでもしようかと

工事をはじめててみると

今まで目にすることのなかった

部分が・・・

あ・・・

えっ。。。

あっ・・・・・

あれっ????

何かおかしいぞ。

ガーーーーーン!!

< 解体してみると、こんな状態 ↓ ってことはある >

ってことなる。

いろいろな条件があるので

一概に被害の大小は言えないけど

今回は、見事に食い荒らされていました。

はい!

シロアリさんよく食べました。

というより

しっかりメンテナンスをしていないから

こうなるんです。

<格言にするか>

*****

ショックの大小は

被害の大きさに比例する

*****

持ち主の方が

知っていたか知らなかったかは

ここで議論しても仕方ないので

割愛するとして

多分、「シロアリがどうだ」なんて

気にしたことなんて

あまりなかったんじゃないですかね。

もしくは

ウチの家に限って・・・(こんなことはない)

ですか。

一般の人が外から見ても

わからないことって多いからね

次の写真が

「 解体前のお風呂の状態 」

どうです?

わからないでしょ。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

(でも僕たちは経験上、被害の大小は分かりませんけどある程度想定している)

経験値があるだけの話。

この状態になると後は、

費用をかけてどこまで直すかどうかって話。

もっと突っ込んだ話をすれば

被害が大きければ

費用をかけても直せる限界もありえる。

あなたが現実を知ってからでは

遅いこともあるってこと。

いつも言っている

後からでは、時間も費用も莫大に必要なことってある。

だから、家には気を配って

まえもって

メンテナンスをしていく方がイイ

ってことです。

メンテナンスの重要性は

浸透するまで言い続けます。

後々困るのは、 あなた  

(フェイスブックページに動画でも載せよう)

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved