雪から知る想定の大切さ

いやぁ~、

ここ二日間、雪が降りましたね。

京都でも、久しぶりに。

僕なんかは

少し雪が降るだけで

「あたふた」してしまいます(笑)

慣れてないというか

雪を軽くみているというか。

ぼくの住んでいる家なんかも

そもそも雪を想定した屋根の造りには

なっていないので

ある一定の雪が積もったあと

太陽の光を浴びて溶けだすと

「ドカドカドカッ」と

雪崩のように落ちてくるんです。

それが山のように下に積もる。

その雪の山をまた、かきだす。

こんなことでも、やってみて初めてわかるんですよ。

溶けかけた雪は「重い!」

積り初めの雪と比べると

水分を含んで、むちゃくちゃ重くなるんです。 

※ おかげさまで筋肉痛です(笑)

何がいいたいかと言うと

新築でもリフォームでも

屋根材の選定や雪対策を一つ間違ってしまうと

万が一、雪が降ったとき

かなりの重量が家に負担を掛けるということです。

写真こそは撮っていませんが

近くの空き家のカーポートの屋根が

溶けだした雪の重みに耐え切れず

ひしゃげて崩れてしまっていました。

もしかすると

昔、現場で作ったようなカーポートは積雪荷重なんて考えて

作っていなかったのかも知れませんけどね。

何事も想定できるものは

対応しておくにこしたことはありません。

工務店や施工業者だけに任せたり頼るのではなく

しっかりヒヤリングをして貰ったうえで

あなたにとって最善の選択をしてくださいね

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved