オートとフルオート

日に日に、冷え込んできましたね。

いつも以上にお湯が必要になる

こんな時期に限って給湯器が故障して

取替を余儀なくされることって

意外とあります。 

あなたはそんな給湯器に 

給湯器専用タイプ

オートタイプ

フルオートタイプ

があることをご存知ですか?

給湯専用タイプというモノは

読んで字のごとく

設定温度のお湯を作ってくれる給湯器。 

では、

オートとフルオートの違い。

給湯器メーカー<ノーリツ>の

カタログのあるページを参考に

簡単に説明しておきますね。

まずは、オート・フルオート共通で

① 設定した量まで自動でお湯を湯船にはってくれます。

➁ 追焚をすることができます。(追焚き配管さえしていれば)

肝心の違いは・・・。

*****

湯船のお湯が少なくなれば

設定湯量まで自動で足してくれるのが

「フルオート」

湯船のお湯が少なくなったとき

手動で足し湯をしなければ

お湯が減ったままの状態なのが

「オート」

*****

*****

椀子ソバで例えると

食べて減ったお椀に

また、蕎麦を入れる

食べる → 入れる

食べる → 入れる

食べる → 入れる

これを自動で続けてくれるのか

「フルオート」

食べた後、追加食べたければ

自分で蕎麦を補って食べるのが

「オート」

こっちの説明の方が分かりにくいですね(笑)

*****

自動でお湯をたされたくないなら

「フルオート」を選ぶ必要はないと思います。 

だいたい、

「オート」と「フルオート」の価格差は

定価で4~5万くらい。 

個人的にはオートで充分かなと

思っているので

お客さんに尋ねられたら

同じよう説明した上で

「オート」

をお薦めすることが多いですけど

あなたはどちらを選びますか☆

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索