自分らしさって大事

しばらく、ブログでは

一般的なリフォームの話題を書いていたけど

たまにはリフォームから脱線した話も☆  

今日、打合せ現場に行って

建物の調査をしている時にふと感じたことが

アトピーをはじめ

いろいろなアレルギー症状や病気になって

ついつい

自分らしさを見失ってしまっているあなたに

(当然、僕にとっても)

一歩前に進むきっかけになればと思い

少し長めなブログを書きたいと思います。

< 見てんじゃね〜よ! >

お客さんの家で

次の打合せを進める為の再調査。

建物の傷み具合を確認しながら

寸法を測ったり

改装のプランをイメージしながら

家の中を

ゴソゴソ、バタバタ。

外の様子も確認しておこうと

二階の窓を開けて

部屋から外をてみると

視線を感じたその先には、、、。

屋根の上で寛ぐ猫。

「こっちを見てんじゃねーよ!」

鋭い目つきで  

睨まれたような

気がしたんですよね(笑)

???

「わたしには

そんな顔をしているようには

見えないけど」

と思った人もいるでしょう。

同じ猫を見ていても

僕が視線を感じた猫は

あくまで

僕の世界観を通して感じた猫であって

あなたの世界観の中からは

僕がこの時、感じたような

攻撃的な猫には

見えていないかも知れない。

どっちが正しいとかでは無いですけどね。

***** 

でも、ついつい勝手な思い込みや

つまらない世界観に捉われ過ぎて

自分らしさを見失っていた。

*****

そんな経験ってありませんか?

僕はありますよ。

アトピーの症状がピークだった時期。

アトピーだから◯◯。

アトピーは周りから△△と思われている。

だから、自分は□□なんだ。

自分で勝手に物事を決めつけて

制限を掛けて

歪んで偏った世界観にどっぷり浸って

「自分らしさ」も

「自分の軸」もなく

どうすればいいか分からずに

自分を見失っていたときがありました。

こんなことを振り返ったとき

他人の「世界観」や「価値観」に惑わされずに

自分が素敵だと思う世界観の中で

生きていく選択できれば

力んだ肩の力も抜けて

案外、楽に

自分らしく前進できるんじゃないか。

そんな気がしたんです。

生活環境を改善したり

住宅環境を改善したり

食生活を改善したり

治療方法を検討したり

することも大事。

でも、自分で自分を信じて

自分らしく振る舞えるってことって

凄く大切なことって思いませんか☆

僕も未だ、いろんな葛藤の中で

あっちへ行ったり

こっちに来たりしながら

うまくいかないこともあるけど

常に「自分らしく」いたいですね。

何かの参考になったかな?? 

( 追 伸 )

「もう少し具体的な話を聞きたい」と思ったり

「相談希望される方」は 

「無料セッション希望」

と明記の上

HP内の問合せフォームから連絡ください。

  折り返し、詳細連絡させていただきます。

特集記事
最新記事