〇〇は大切に保管を!

突然ですが・・・。 

あなたの家には

今、住んでいる家の

図面(設計図)や資料って

手元にありますか?

*****

当時の図面があれば

家に不具合が起こったときや

リフォームをする際に必ず役に立ちますよ☆

*****

そもそも

新築時に家を建てた会社から

図面や資料をどうか覚えていない。

昔の家だからそんなものはない。

2世代、3世代に渡って

住んでいる家なので

そんなモノが

あったかどうかも不明。

って話は

結構、多いかもしれませんけどね。

マンションの場合は

  管理会社や管理組合が保管していると思います。

20~30年くらいの建物で

確認申請を出して建てた建物なら

その申請書類の中には

簡易的な図面や

家に関するいろいろな情報が

少なからず綴じてある筈です。

建てた当時の図面や資料があれば

大切に保管しておいてくださいね。

(くれぐれも保管場所は忘れないように)

家に不具合が起こったときや

リフォームを検討するとき

ひとつの情報として

リフォーム担当者に

見せてあげるといいですよ。

建物に関する情報が

多ければ多いほど

打合せがスムーズに進んだり

よりいい提案ができますから☆

「そんな資料あるかどうかわからない・・・」

というあなた。

これから年末にかけて

大掃除するときに

チョット探してみてはどうですか☆

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved