使ってこそ価値がある

最近は

町家というか

古民家というか

長年、空き家だった家に手をくわえて

自分たちが住もうとしたり

ゲストハウスなどで

有効活用しようとする人が

本当に増えましたね。

先日も

長年、空き家だった家を

改めて使いたいというお話で

一件、現地を拝見してきました。

築年数はよくわからない

という話だったけど

見た感じ、築5~60年くらいかなぁ。

(古民家とは言えない感じだったけど)

長年、住む人がいなかったようで

雨漏れにく気付くことなく

それを放置していたらしく

一部、天井が腐って抜け落ちていた・・・。

残念ながら  

こういうところまで家が傷むと

いざ利用しようと考えたとき

改修費用もかさんでしまう。

こういった建物を見ると

「家は住んで生活しなければ

       傷みはドンドン進む。」

なんて言われる意味が良く分かる。

そう考えると

持ち家って

しっかり使って

メンテナンスしていかないと

モッタイナイですね。

使ってナンボ。

住んでナンボ。

*****

2013年の土地統計調査で

近畿2府4県の空き家数は145万戸

住宅全体の空き家率は14.1%

*****

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved