やっぱり雨漏りが・・・。

先日の台風が去った後

「雨漏りしたので一度見て欲しい」

という相談があったんですよ。

現地を拝見すると

一階のある部屋の壁に

大きな雨染みが3か所ほど・・・。

今回の台風のときに

雨漏りに気付いたとのことなので

怪しいところが無いか

建物の外回りを目視して調べてみると

一つ怪しいところが・・・。

みごとに樋が外れている。

(※ この下の部屋が雨漏れ箇所なんですけどね )

家が建ってから30~35年。

滝のように雨水が流れ込んだことで

樋が外れて

傷みだした屋根のから

室内に雨が流れ込んだのか・・・?

なんて推測をしながら

今回のところは

簡易的に樋を直して

チョット様子をみて貰うことに。

本当の雨漏れの原因をみつて

直すのって結構、時間と手間がかかることも

少なくはありません。

「傷んでいるので屋根の改修をしてください」

と言ってしまえば終わってしまうけど

前回も書いたように

「そうはいっても・・・。」ってことが多いので。

まず

ひとつひとつ怪しいところを

潰していきながら

原因を特定して

いくつか対応の選択肢を用意する。

それぞれの

メリット・デメリットを伝えた上で

最終選択はお客さんに判断して貰う。

そういう話の進め方が多いかな☆

また、今日も降ってますね。

あらたな

被害が出ませんように。

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved