中古住宅が心配なあなたへ☆

8月27日のブログで

現在、検討されている

リフォームの補助金を受ける際に必要な条件のひとつ

「痛み具合を判断するための住宅診断をうけること」

がどういう診断かについてお話ししますね。

それが

「ホームインスペクション」と言われるモノ。

中古住宅を購入するときに

住宅の痛み具合や安全性を第三者が点検する仕組み。

検査項目は、大掛かりな機材は使わず

目視や触診などによって実施されます。

今後、中古住宅の売買などの際に

売り手と買い手に診断を受けるかどうかの

確認が義務付される法律が成立していますが

これが今検討されている

補助金を受ける時の

条件のひとつになっているということです。

買い手にとっては自分たちには判断できない

住宅の欠陥などが事前に把握できることは

いいかもしれないですね☆

タグ:

特集記事
最新記事