ひとつの目安

May 17, 2016

こんばんは
住宅リフォームのTA-KUMI<匠>こと
TAKAMOKU工房 髙木です。


新旧耐震基準の続き。
  

新しい基準で建てられた建物か
古い基準で建てられた建物か
どちらを選ぶ?
 
 
となれば
新しい基準で建てられた建物を
選ばれる人が多いかもしれませんね。
   
  
でも・・・
   
   
最新の基準を満たせば
倒壊しない建物になるのかと言えば
いつの時期も「想定外」という事があるわけで
絶対に壊れない建物はないんじゃないか
と個人的には思っています。


だから
基準はあくまで目安。

 

 

 


   
  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらかというと
「減災」という考え方を
持っているほうがいいかもしれません。
  

減災・・・あらかじめ被害の発生を想定した上で
          その被害をいかに低減させるか。
 
 
旧基準だけど
今はどうしようもないと不安になるより
少しでも出来る対策をしておきましょう。


例えば
タンスが倒れてこないように工夫するとか
寝室は1階より2階にするとか
出来ることはいろいろありますから。
 

もう少し具体的に対処をしようとするなら
耐震補強工事がいいんですけどね。

 

    
 
あっ、偉そうに
耐震の話をしてますけど
僕の家も
耐震性は低いですよ(苦笑)

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

ゴミはマイナス資産です

November 1, 2019

1/10
Please reload

最新記事

February 4, 2020

Please reload

アーカイブ