新基準と旧基準

こんばんは 住宅リフォームのTA-KUMI<匠>こと TAKAMOKU工房 髙木です。

耐震基準に関する話。

中古物件などを購入されるときには 一つの目安として 知っておいた方がいいかと思いますので よければ覚えておいてください。

新築を検討されている方には あまり関係のない話になりますけどね。

***** 建築基準法では 1971年(昭和46年)と 1981年(昭和56年)に 大きく耐震基準が改正されていてます。 1971年(昭和46年)の改正では 昭和43年に起きた 十勝沖地震の被害を踏まえて強化したモノ。

1981年(昭和56年)の改正では 昭和53年に起きた 宮城県沖地震の被害を踏まえて強化したモノ。 *****

特に 1981年以降の基準が新耐震基準と言われ 1981年以前の基準が旧耐震基準と言われています。

当然、新基準の方が 旧基準より安全性を見ている事になります

この「新基準と旧基準」 一般の方も 知っておいて損は無いかも知れません。

お住まいの家は いつ頃にできた建物ですか?

あくまで ひとつの目安なのは なぜか?

続きは次回☆

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved