給湯器が故障した時は

住宅リフォームのTA-KUMI<匠>こと TAKAMOKU工房の髙木です。

ちょっと始まりを変えてみました(笑)

昨日は古い分電盤は 取替える方がいいとお話をしました。

今日は設備機器の中でも 給湯器の故障のタイミング。

台所で洗い物をしたり 洗面所で顔を洗ったり お風呂に入ったり どんな家庭でも頻繁に使う給湯器。

「どれくらいの期間持ちますか?」 時々そんな質問を受けることがあります。

機械モノなので 使い続けていると 必ず故障が起こるわけですが 給湯器メーカーは だいたい10年くらいを 耐用年数の目安にしているようですね。

もっと早く故障する場合もあれば 15年くらい故障も無く使えてしまうモノもあります。 ※この差は不良品と言うことではなく このあたりは正直なところ「当たり外れ」という感じ。

そんなタイミングで何か故障が起こったとき あなたには どんな選択肢があるか。

➀ 新しい給湯器に本体ごと取替え

➁ メーカーのメンテナンスを受け部品交換

そのメリットデメリットは 明日にお話しするとします!

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved