top of page

雨漏れと間違いがちな小動物被害

京都でリフォーム・リノベーションを行っている

(株)TAKAMOKU工房のタカギです。


せっかく雨漏れ話題が続いているので

もうひとつ書いておきましょう。


ある日、2階の天井に染みがみつかったとしたら・・・?



多くの人はまず

「もしかして雨漏れ?」って思うでしょう


でもね、

雨漏れでない可能性も十分ある。





それは、

小動物(コウモリとかハクビシン)が

外壁にできた隙間

(※もともと新築の段階で隙間を作ってしまっていることも多い)

から入り込んで屋根裏に住み着いたり出入りするうちに

糞尿をして、それが染みとなって室内に現れる。








寒い時期なんかは

屋根裏の方が温かい場合があるから

寝床にしていることもある。



建物内にいないタイミングに

出入りする部分を特定し穴をふさぐ。

※ すぐに見つかればいいけど、どこが原因かわからないことも。



もし糞などがあれば

除去をして完了。

場合によっては、汚れた場所の

壁や天井などの工事なども行う。






てな感じ(苦笑)






張替工事や穴を塞ぐ工事が発生すれば

建築(リフォーム)工事の範疇ですけど

本来は害虫駆除の部分が多い。



でも何だかんだ

お困りごとの延長で

知り合いの紹介などで今までにも

何度か対応させていただいたことがあります。



コウモリとかハクビシンとか

施工側も不衛生な条件での作業だし

危険を伴う作業なので

何かと大変なんですが

もし、そういった困りごとがあれば

一度ご相談ください。



それでは☆







Commentaires


特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索
bottom of page