間違いなく説得力が増し増しになる

京都で

リフォーム・リノベーションの仕事を行っている

(株)TAKAMOKU工房のタカギです。



父の亡き後、今回

自宅兼事務所の部分的なリフォームを

行うことになった理由です。


ひとつは前のブログにも書いたように

37,8年間 ほとんど自宅には

手を入れていなかったということ。


もう一つは

以前から

お客さんに勧めようと思っていた

自然素材系の建材などを

自分自身が使って体感していないと

やっぱり説得力に欠けるだろうと思って

折角の機会なんで

自分が住んでいる家で

自然素材や身体に優しい建材を

採用して体感してみようと☆


あとはモデルとして

検討されるお客さんにも

観て頂けることもできるしという理由ですね。



でも、材木をはじめ

色々な建材はどんどん高騰し

ちょっと躊躇するところはあったけど

タイミングを逃がすといいことはない。


決めたらGO!!






今までのキッチンは

システムキッチンじゃなく

ガスコンロは据え置き式。


※残念ポイントは

 キャビネットの扉の

 蝶番が腐食してグラつく点




浴室はタイル張り。

※最大の残念ポイントは

 浴槽のお湯は最速で冷める点w


クロスは1度も張替え無しw

※ クロスの焼け感とか汚れ感が半端ない(苦笑)



昭和の住宅そのもの・・・。



とりあえず工事範囲は

水廻りをメインにすることに決定!







特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索