体感してみよう

京都でリフォーム・リノベーションを行っている

(株)TAKAMOKU工房のタカギです。


さて、皆さんはご存じでしょうか?


「無垢床材」っていう建材を。


書いて字のごとく

木材そのものを使った素材

だったりっするんですけど

伝わらないかな・・・


新建材(価格も求めやすく、施工性を考えた材料)

と言われる高度成長期をきっかけに

販売を伸ばしてきた床材は

芯の部分が合板

(スライスした木材を接着剤で張り合わせてつくった建材)


無垢床材というのは

芯は合板ではなく

本来の材木をそのまま切り出して作った床材

(※最近では少し解釈が違うところもありますが、

       ややこしくなるのでまた別の機会に話すとします)





そこで

当社のHP。


仮にブログは目を通したことはあっても

HPの中まで

詳しく見た人は少ないかもしれませんが


自然素材使いませんか!

無垢材をつかいませんか!


ってお勧めしてるんです



いいんですよ。

無垢材や自然素材って

間違いなくいい!!  ハズ・・・。



少し弱気ですか?

言い方に説得力がない??


はい

そうだったんです。


理由は簡単・・・。

自分の生活に取り入れて

体感をしてなかったから。



ということで



今回の自宅兼事務所の

改修に合わせて

ダイニングキッチンと玄関先

洗面所の床に採用してみることに☆



その無垢床材の施工から

無垢床材の仕上げに採用した

ワックス(蜜蝋)についての感想は

次回のブログで是非♪




特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索