top of page

浴槽入替も思いのほか手間がかかるんですよ

こんにちは

京都でリフォーム・リノベーションをメインに

工事を請けさせて頂いている

(株)TAKAMOKU工房 の タカギ です



さて、浴室の工事といえば

ユニットバスを設置させていただく工事が

いまでは主流になっていますが

今回は久しぶりに

在来浴槽(いわゆるタイル張りの浴室の浴槽)入替


過去を振り返ると

この業界に入ったときは既に

お風呂といえば

ユニットバスが主流でしたからね




タイル張りのお風呂の浴槽を入れ替えたり

タイル張りのお風呂から

タイル張りのお風呂のままで綺麗にする

というリフォームはそこまで多くは無かったかな


浴室工事の1割もないかもしれない


という感じでしたが

今回は浴槽の入替のご依頼を頂き

工事をすることとなりました



多分、一般の人が想像されるより

浴槽入替の工事って

手間がかかります




※狭い空間の中で騒音がする中、埃まみれになりながら解体作業



工事範囲は浴室だけなのに

職種も多く入るし

2m四方もない

狭い空間で解体も設置も行うことになるので

時間も手間もかかります



※ そのあとは内部を改めて左官で均す作業



今回は玄関の近くにお風呂があったので

まだよかったのですが

建物の奥に浴室があって

住みながらとなれば

搬入搬出にも配慮が必要だし

全て手作業になりますからね



※ さらに、5面全体を防水材料で覆う



いつもながら

作業に入ってくれる

業者さんには感謝の一言です♪



こういった工事をすると

毎回

ユニットバスって

よくよく考えられた商品だと思いますね


施工性と防水性や価格だけを考えれば(笑)




※ 浴槽で目一杯 ギリギリの空間しかない中で新しい浴槽を設置





※ 周辺のタイルを補修




※ 浴槽の周囲をコーキング (いつもながらこれくらいの範囲は当社でコーキング)




※ ということで ようやく完成♪



お困りの際は、お気軽にご相談ください





*****


当社では工事関係の協力業者は当然のこと

不動産、司法書士、税理士など

各分野の専門家とも協力体制を整えています


信頼できる各方面の専門家に相談をしたいことがあれば

気軽にご相談ください


*****


Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索
bottom of page