水廻りの進歩を体感する

京都でリフォーム・リノベーションを行っている

(株)TAKAMOKU工房のタカギです。


さてさて

工事の大詰めは

設備機器の設置となるわけですが

40年弱の浴室となると

タイルで施工された家が多く

長年使っていると

タイルのひび割れ部分から

水が漏れ出して

建物の木部を腐らしてしまうとか

どうしても

浴室内(洗い場も含め)の

断熱性が悪く冷えてしまうところが

気になるところでしょうか。


細かいところで言えば

在来の浴室はユニットバスと比べると

浴室の洗い場から浴槽の底までの段差(高低差)

があるという点。





高齢になればなるほど

浴槽をまたぐのが大変ですからね。



今回のユニットバスには

浴槽も壁パネルも床も断熱仕様になった商品を

設置したので浴室内の冷え対策としては

それなりに配慮した形です。


あと

我が家は元もと

給湯器が給湯専用だったので

追い焚きが不可でしたが

これを機会に追い焚き利用をできる形に。



幼いころと比べると

家族構成も変わったので

お風呂を使うタイミングがズレることが

それほどないので

今はそんなに追い焚きの優先順位はどうかといえば

それほど無いですが機能としてあって損はない。



ユニットバスにする一番のメリットは

手入れのしやすさや断熱性能の高さ

防水性の高さかもしれないですね






タイル仕上げの浴室が

お好みの方は

風合いがあっていいですけど。



いままで多くの

ユニットバスの工事を

させて頂いて来たのに

今更ながら

自身で設備機器のいいところを

体感した感想です(笑)






特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索