最近のフローリング事情

あなたの家の床は

どういった床材でできているでしょうか


ビックリした話を耳にしたので

ここだけにこっそりお教えします。

僕も最近知ったことなので

絶対、他では言わないでくださいね(笑)


絶対ですよ!!


それでは。。。





※ 写真だけでも爽やかな夕焼けをお楽しみください。





一般的によく使っている

フローリングの話です。


いわゆる、合板を貼り合わせて

表面に単板が貼ってあって

木目柄が入っているフローリングです。



ただ、最近は(最近というのはおかしいかもしれませんが)

木片のチップというか

紙のようなモノを圧縮してボンドで固めているものをベースに

表面に単板が貼ってあるフローリングがあります。



合板が減らせているので

一番お求めやすい商品になっていることが多いわけですが。



こちらの商品が

世の中に流通してから

やけに1ケースが重くなったフロアーが出た

と思っていたのですが

実は材料の密度を高めているので

重くなっていると言うことを後々知りました。



で、何が問題かというと

基本的に圧縮で固めている材料なので

水に弱いと言うことです。


表面はノンワックスと言って

ワックスのようなものをつけていますが

もしかすると

水に濡れると水分を吸って膨らんでしまうことを

避けるために出荷段階で

一手間かけているのかもしれません。



こちらの問題事例を

ある大工さんから聞いたのでココで書いておきます。


*****


この手のフロアーを使って

工事をした現場で

雨漏れが発生してしまったということで

現地に伺ってみると

フロアーが膨れ上がってしまっていて

ビックリした


******


を聞きました。



おそらく普通に使っていれば

問題はほとんどないと思われますが

水がかかって

しばらく放置しておくと

継ぎ目から水が入って

固めたチップが水分で膨らみ

フロアーが膨れてきたようになってしまう。



そんなことがあるようですね



複合フローリングでは

長年使っていると

それなりにありえる現象ですが、

紙を固めたフローリングは

さらに水に弱いかもしれないという話です。



価格的に押さえれますが

デメリットも分かった上で

採用するようにしてみてください。



では☆

特集記事
最新記事