最低限知っておくべきこと


久しぶりに投稿ですねw



突然ですが

あなたが

自己所有の持ち家に住んでいたり

もしく

は自己所有の収益物件がある場合


その建物がどれくらいのサイクルで

どんな修繕を行えばいいか

そんなことを考えたことはありますか




分譲マンションの場合は

管理組合で改修計画を立てて

毎月積み立てている

修繕積立金を使って

計画的に物件を修繕していると思いますが


新築で家を取得した人はどうでしょう

十数年先のことなんて考えないでしょ!!

といいたくなるところでしょうか


でも

なんとなくは知っている

(考えたことがある)

そんな人は

おられるかも知れないですね



給湯器が壊れる

コンロが壊れる

とか

機器の故障がきっっけで

新しく取り替える必要にかられる

ことはでてくるでしょう



あとは何年か後に

見た目を綺麗にしたい☆


家族構成が変わったから

あるタイミングで

間取りやクロスの張り替えをしようか

なんてリフォーム工事は

みなさんにも

わかりやすい(事前準備もしやすい)

タイミングかもしれないですよね






でも、なかなか

改修のタイミングを

逃しているリフォームが

外部(外回り)、屋根や外壁

って部分です。



なんとなく

汚れてきていることは

薄々分っていても

別段、雨漏れがしている訳でもないし

ちょっと今は色々物入りな時期なんで

「もう少しこのままでもいいっか!」

ってなりがちです。



そこです、そこ!!



見た目が

汚れてきているってことは

実際は

屋根や外壁塗装・防水などの

劣化も比例して起こっているってことです。




自分自身が気になる前に

専門家にどれくらいのスパンで

何の補修や修理が必要になるか

一度、前もって

相談して置く方がいいでしょう




急にお金が入り用になっても

リフォーム資金を準備できる

あなたなら

いいかも知れないけど

多くの人は

急に言われても・・・ね、、、。

ってなって当然。



家の状態が悪くなった事実をしってから

直さないという選択肢を

無視できればいいですけど

雨漏れを長期間放置はできないと思うんです


最終的に

苦渋の決断にならないように

最低限の知識は入れて準備をしておく。


知っていて損はない 

そんな話でした。




では、また。




相談できる先がない・・・。

という場合は

当社まで

お気軽にお問い合わせ下さい☆













特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索