top of page

手を加えないと猛スピードで劣化する

京都でリフォーム・リノベーションを行っている

(株)TAKAMOKU工房 の タカギです。



空き家問題は

今でもニュースになっていますけど

諸事情はいろいろとあるとは思いますが

皆さんもご存じのように

時間が経過していく中で

放置機関が進み、手を加えないでいると

間違いなく建物の劣化はドンドン進みます。

(劣化は始まると本当にビックリするスピードで進みます)







わかっちゃいるけど・・・

何をするにも先立つモノ(お金)が・・・


色々と事情があるのよ・・・


ってことは

重々承知の上で

あえて言わせていただくと


自分が使わないなら

早めに直して有効利用(活用)を検討する

早めに売却の手続きをとる


間違いなく

何かしら早めに判断して対応しておく方が

結果的にいい。





仮に解体をするにしても

触れば倒壊しそうな建物の解体となると

多分、普通に行う解体より

費用は高くなるだろうし


倒壊しないように注意と配慮をしながら

解体をしないといけないという危険作業は

ある意味、いい値になってしまうかもしれません


直すにしても

早めに対応していれば

傷むことがなかった部位まで

手を加えないといけない箇所も出てくるので

手間も増えこちらも費用のUPになる



諸事情は先延ばしにせずに

早めに解決・整理して動く方がいい。



思ったときがベストタイミングです。



不動産に関する相談でも

当社とつながりのある

経験豊富で親身に対応してもらえる

不動産担当者をご紹介しますので

リフォーム・リノベーションに関わらず

気軽にご相談ください♪








Commentaires


特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索
bottom of page