建物は「生き物」であり「ナマモノ」です!

最近、時間があれば歩く「タカギ」です。


家の周辺を歩いてみると

あれこれ考えていた

頭の中をリセットできたり


何気ない町並みの変化に気づいたり

新しい発見があったり


軽い運動にもなったり

案外いいもんです。


で、先日歩いていると

目の前の建物の瓦が・・・

割れているというか

スレ落ちている





いやっ

崩れ始めているという言い方が

正しいかもしれない。


建物の感じを見ていると

どうやら空き家っぽい。



よく

「住んでいなくても

 時々、風通しをしないと駄目」

なんてことも言われるけど


本当はそれだけでは全てを解決できなくて

そこに住んでいないと

日々起こりうる

建物の傷みの進み具合なんかは

気づけないことも多かったりします。



どんな素敵な建物でも

ちゃんと呼吸させて

使っていない(運動していないと)とね。



人間でも

雨ざらしになっていると

風邪も引くし

あちこち悪いところが出てくるじゃないですか



人も家も本当に

傷みが酷くなると

治しようがなくなる



そう、建物は


「いきもの」

であり

「ナマモノ」



カラダのメンテナンス

しっかりしていきましょw













特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved