喜ばれた顔をみたとき

少し間があいてしまいましたね。

京都でリフォーム・リノベーションを行っている

TAKAMOKU工房の タカギ です。


さてさて

本日は仕事のモチベーション話です。





現在の住宅リフォームの仕事に

特化してどれくらいかな


(もう20年以上にはなるかな)


そうなんです

20年以上、変わりなくやっていると

設備機器の入替や内装工事などは

自分にとっては

そう大きな感動や変化がない

のが正直なところ


そう

チョットした経験を積めば

そんなに難しくはない仕事

だったりする。



そういうことを感じると

自分がやっている意味があるのか。

価格を安く提示する別の会社でもいいのではないか

流れ作業で現場を完成させる大手でもいいのではないか

なんてことも、思ったり。






なので、

ちょっと進化をしてみようかとか

変わったことをしてみようかとか

デザイン性の高いリフォームやリノベーションを

やってみるのもいいかなぁとか


店舗やテナント系の仕事も

やっていきたいなぁとも


思ったりするわけです。



現在進行中の

設備関係の入替がメインで

仕事の依頼を頂いたお客様。


引き渡し直前に

現場で一人、仕上げの確認や細かい作業を行っていると

突然、現場にお越しになられた。


引き渡しは明後日なのにw



引き渡しとは別に

相談したいことがあって

直接現場に来られたんですけど



最終引き渡し前の

のハウスクリーニングはまだな現場でw

綺麗に入れ替わったキッチンや浴室を見られて

開口一番


「エエやー--ーん!」

「取り替えて良かったわ~~♪」と




いやーーー多数では無いけど

そう言って頂けるお客様がいるということは


僕が担当させて頂いて、よかったのかも☆


と嬉しくなる一幕。



単純です

すごく単純なやりとりかも知れないけど



必ずしも

何か特徴のある仕事をしていなければ

存在価値がない

と言うわけでも無く


カッコイイ リノベーションをしなければ

存在価値がない

と言うわけでも無く


これといって特徴がなくても

喜んで頂けるお客様がいらっしゃると言うことは

それはそれで存在価値はある



と思った出来事でした♪



そんな当社に

依頼をして頂ける

全てのお客様に感謝☆




※ でも

  やっていないことに挑戦する

  ドキドキとワクワクもいいw







特集記事
最新記事