住宅における太陽光発電って <私見>

こんにちは

TAKAMOKU工房 のタカギです。


住宅に設置する太陽光発電の話の続きです。


いろいろな見方があるとおもうので

雑談の延長上の話として読んで下さいね

※ 個人的な意見ですので参考程度に。



10年くらい前には

住宅の屋根にソーラーパネルを設置して

発電で得た電気は自分たちが使って

もし、電気があまれば

発電した電気を電力会社に売る!!


というサイクルができて

お得感がありそうな話が

太陽光発電を扱っている企業界隈では

セールストークで

よく耳にしにしました。






以前は、

ソーラーパネルの設置にも

補助金もでて

あまった電気の買い取りも

通常買っている電気料金よりも

よかったようにも思いますが、、、。


最近では年々売電価格については

下がってきているのが現状です。



なので

余った電力は売るより

自分たちの家で蓄えておいて

電力が作れないときに使おう!

という

流れになってきています。



そこで

家庭用蓄電池の普及に

企業側が動き出していたり・・・。


蓄電池の性能もあがってきて

昔より安くなってきていると

言われていますが

とはいっても、だまだ高価な商品

のような気もしますね。



家庭用蓄電池の

一般的な普及には

まだ、しばらく時間がかかりそうですが

損得で考えるとどうでしょう??



あっ、、、

損得の話ではなかったですね

脱炭素とか省エネを勧めている世の中に

なりつつありますからね


あなたはどう思われますか☆





<<ここからは余談・・・>>


でも、一時期

時代の流れに乗ってソーラーパネルを

屋根に乗せられたお住まいでも

今はまったく使っていなかったり


使っていないので

取り外しを希望される

お客様にも一定数いらっしゃいました。


当初のソーラパネルの設置方法によっては

屋根材のメンテナンスを考えた際に

困ったり・費用が余分にかかるという

現実は実際にありましたね。


最近では

パネルと屋根を一緒にした商品も

販売されているようです。




特集記事
最新記事