チョットしたポイントを作ってみる

京都でリフォーム・リノベーションを行っている

(株)TAKAMOKU工房のタカギです。



せっかく

リフォームをするなら

ちょっとした

ポイントや見せ場を

作ってみると

思いのほか部屋に

愛着が湧いてくるものです♪



今回の自宅兼事務所の改装は

お世辞にも広いとは言えない間取りと

決して潤沢には無い予算のなかで

どこにでもよくある

決まり決まった

新建材のフローリング

白いクロスを張って

設備機器は

メーカーの定番商品という感じの

リフォームというのもなんか味気ない

とは思っていたんです。



なので

床には無垢材を張ってみたり

和室の壁には塗り壁を採用してみたり

照明も部屋の大きさの割には

ダウンライトを採用してみたり。



今回の施工例の最後は

リビング・キッチンです。









全部、なんでもやりたいことを!!

となると

予算もあることなので

1つだけでいいので

チョットしたアクセントやポイントを決めて

チャレンジしてもらえるといいかもしれません。



モデルハウスと言うのには

おこがましいけれど

お客さんが迷った際に

実際、参考に

みて頂けるように考えて。




ワンポイントをつくると 

見え方が変わりますからね。




床はオークの無垢材。

壁は和室は塗り壁にしたので

ダイニング・キッチンにはクロスを採用。







天井高があったので

キッチンの真上には

こちらも無垢材のレッドシダーをつかって

下がり天井を造ってみた。


家族が少ないので

収納するモノも減らす前提で

今回は吊戸棚はなし。

手元が暗くなるので

ダウンライトを2つ付けて。


照明は電球色を採用

※ 電球色の空間に慣れるまでは

  オレンジ色の明かりが少し暗く感じたが特に問題なし。





キッチンパネルは

キッチンメーカーが

キッチンと併せて提案している

キッチンパネルは

白をベースにしているのが気になっていて

今回、考えていたイメージには合わなかったので

少し薄めのグレー(少し石目柄)のパネルを

別途、建材として手配して

キッチン施工作業とは別に

大工さんにお願いして張ってもらいました。






リフォーム・リノベーションを

当社で検討していただく際に

一度参考にみてみたいと言うことがあれば

事前連絡の上

みていただくことは可能です。


お気軽にご相談ください。







< 簡単な仕様説明 >


床のオークの無垢材で、蜜蝋のワックス掛け

キッチンはクリナップのステディアの木目柄を採用。

天井にはレッドシダーの無垢材(部分施工)

キッチンパネルはキッチンメーカーの指定パネルではなく アイカのパネルから選択

クロスは白ベースは量産クロス、アクセントでAAクロス






特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索