top of page

クロスとは違う ホンモノ志向はどうなのか

京都でリフォーム・リノベーションを行っている

(株)TAKAMOKU工房のタカギです。


さて、前回は工事の終盤に行う

クロス工事について少しブログでUPしましたが

今回は、クロスもいいですが

ホンモノ志向もいいですよって話。

※ 当然と言えば当然かも知れませんが



予算をまわしてもらって

アクセント的にでもホンモノの材料を使うと

冗談抜きで

グ、グゥ~~~~~っ1段階、2段階と

一気にその空間が良くなる。






今回の店舗工事では

壁の一部にブリックタイル(素焼きレンガ)

を提案させていただき

了解を得て施工に至っていますが

クロス仕上げとは全く違った仕上がりで

質感もありイイ仕上げになりました。


ご存じの方もいるかもですが

クロスにもレンガ柄が昔からありますけどね

※ レンガ柄を印刷したクロスです。


アクセントで使ったとしても

クロスを貼った場合と

リアルタイルを貼るのとでは

大きく予算はUPしますが

完成時に感じる重みやアクセントの度合いが

全くと言っていいほど違ってきます。





床材なんかも

無垢材と合板のフロアーでは

素足で歩いた時の質感や風合い

自然素材の優しさなどが

全く違うのと同じこと。



予算が必要でも

ホンモノを使う一番の利点はココ↑☆






当然、

予算の都合はあるとは思いますが

リアル感や質感の優先順位が高ければ

タイルに関わらず

1部屋だけや

ポイント的にでも

ホンモノの素材を

ぜひ、選択してみてください。



価格以上の良さを感じるのは

間違いない





今回は

ホンモノ素材の良さの話でした♪

Opmerkingen


特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索
bottom of page