ようやく一般紙でみたアノ話

こんにちは

(株)TAKAMOKU工房 タカギ です。


少し前にも

業界ではザワついたいましたが

ウッドショック!


ようやく

一般紙やチョットしたニュースでも

取り上げているのを見かけます。



                2021年5月28日付 京都新聞 朝刊 

              



ご存じかどうかわかりませんが

結構、建築関係に携わっている

人って思いの他多いんですよね



大工さん

電気屋さん

屋根屋さん

水道設備屋さん

塗装屋さん

設備機器メーカー

・・・・


あげればキリが無いですが


ちょっと街中を歩くと

建築関係の会社とか

看板とか見かませんか



影響を受ける範囲は

まだまだこれから広がりそうです。



コロナも

大きく影響している

問題ではあるけど

安さを追求した結果

ともいえるんじゃないかな



当然、僕も立場が変われば

消費者の立場

になることはがあるので

「より安い方がいい」

という理論は

よくよく理解はするんですけど



安さ追求しすぎた

ツケが

いろいろなところに歪みとして

出てきだしているような

気がしませんか?



人件費が安いから生産拠点を海外に


原材料の安いから○○国から


とかね。




やっぱり安さが最優先事項なのは

消費者としては仕方ないことなのかな??





安さ以外の価値をプラスして

われわれはサービスを提供していきます。





特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索