どういう状況が危険なの??

こんにちは

株式会社TAKAMOKU工房 の タカギです。



さて、前回のブログでは

ブロックの解体に関する

助成金事情の話をしましたが

そもそもブロック塀って

どんな基準があるのか

どういうことが原因で

倒れるようなことになってしまうのか

について

簡単にお伝えしてみようかと思います。



いくつかありますが

今回、ここでは2つに絞ってお伝えしますね。


○ ブロック塀は1.2m以上(6段以上)積む場合は

 控え壁と言われる補強をしないといけない。

 ということが建築基準法で決められているわけですが

 思いのほか、昔に積まれたブロック塀は守られておらず

 ブロックを高々と積み上げただけの塀を結構見かけます。


 「街中を歩いてみるととコレ大丈夫?」

  と思う塀に出くわすことはよくあります。

  ※ 控え壁を付けると敷地のスペースを取ってしまうから

    といったことが理由のひとつかも知れません。

 


もしくは、


○ 敷地の境界として積んでいるブロック塀の近く(きわ)に

 植栽を植えているお宅を多く見かけますが、その植栽の根が

 思いのほか育ち、しっかり根を張ってしまって塀を押し倒し

 ていることがあります。

 



どちらも


○ 新築を検討するとき


○ 中古物件を購入するとき 


○ 家の管理をしていくとき


注意をしておくポイントの

一つなので

必要なら早めの対応を

検討して頂ければと思います。




なにか問題が

起こってしまってからでは

遅いですからね。







    



特集記事
最新記事