とっくに、はじまっている取り組み

ぼちぼち京都市内でも

サクラ🌸が咲きだしそうで

色んなことでゴタゴタしている世の中を

一瞬でも忘れさせてくれる気がして

好きな数週間になりそう♪







さて、前回のブログで

古い建物や空間は

お金を多くかけずしても

少し見せ方を変えたりすることで

付加価値があがって

今まで以上に長く使えたりするんじゃないか

ってことを少し書きました。



あなたも知っているかもしれないけど

結構前から(?)

ある有名企業と建築が

コラボレーションして

成果を上げている話があります。




それは・・・。




無印良品とUR都市機構とがコラボして

古いURの物件を

リノベーションをして販売する


MUJI×UR

「団地リノベーションプロジェクト」


というものがあります。


京都でも伏見桃山に

このプロジェクトでリノベされた物件があります^^

今や全国に何十物件w

どこも結構、満室みたいですが

凄いですよね。



以前のURの賃貸物件をなんとなくしっている

僕としては

URの賃貸物件って、

高度経済成長期にどんどん建てられた

THE 団地!!

って印象しかないですけどね。


サイト上の物件をみると

費用も押さえてリノベをして

おしゃれな感じに見せている


ように思います。


建物そのもの(構造)は

変わっていなくても

若い世代の人たちにも

住みたいなぁと思わせる一つの空間にはなっています。


(※ あなたの好みかどうかは別の話です)


これは費用を抑えているといっても

全体のリノベーションなので

それなりにお金はかかっているでしょうけど。



団地全体をトータルコーディネートしていますから。



でも空間の規模は大なり小なり

こういう作りかたは

参考にしてみるといいかもしれません。



低予算でどういう部屋をつくりたいか?

そんな話を施工業者とじっくり時間をかけて話をして


作る過程も楽しむ♪



こういう計画スタイルも

いいんじゃないでしょうか☆









特集記事
最新記事