はじまりはいつも・・・解体

京都でリフォーム・リノベーション

の仕事をさせて頂いている

(株)TAKAMOKU工房のタカギです。



さてさて

つまらない

表題で書き始めた

本日のブログですが


リフォームのスタートは

大小はあっても

多くの場合、

解体工事から始まります。






当初、自宅兼事務所の

リフォームは

和室のジュラク塗り替えくらいだけ

なんてことを考えていましたが

色々なことを

トータルで考えると

40年近く使っていた

水廻りの設備工事は

今回まとめてやっておこうと

判断したわけですが



まさか



この判断をしておいて

よかったと思うことになろうとは・・・苦笑



古くなって使い辛さを

感じていた

小さな家ですけど

解体が始まると

少し寂しさと

新たに出来あがる

空間への期待が混在しますね



一般的には

1度のリフォーム工事で

どの範囲まで手を掛けるか

ポイントになってきます。


どうしても

費用との睨めっこにはなりますが

ここまでまとめて工事が出来れば

あとあと

費用は押さえれるよね

という工事範囲はあるので

気になる方は

是非、気軽に御相談下さい。






特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索