「白木洗い」やってみた!!

こんにちは

京都でリフォーム・リノベーション工事を行っている

(株)TAKAMOKU工房のタカギです。



以前、インスタか何かで

紹介した記憶がありますが


住宅において

和室の柱など

木材がむき出しの部分が

長年の間に

日焼けをしてしまったり

長年に渡って

ホコリや汚れなどがつくことで

木部が黒ずんでしまうのは

ご存じでしょうか。


多くの人は

そのままにしておくことが

普通かもしれないですよね。



※40年近くたてば柱と合せて建具も黒ずみが気になる




そんなときは


「白木洗い(アク洗い)」


という

技術を持っている

職人さんにお願いをして

日焼けで黒ずんでしまった跡や

汚れを洗い落とすことが出来ます。



※ こちらは和室の木部の一部。

  建てた当初から汚れなのか手垢なのか黒ずみがあったよう



昔はそれなりに

一定の需要はあった作業。


今では

柱をみせる場所も少なく

この作業に使える予算があれば

設備機器のオプションに回したり

他の工事の費用をまわすといった

判断をされることもあって

なかなか

白木洗いの作業をする現場は

少なくなってきているっていうか

ほとんど無いのが現実。



ということで

きっかけがあれば

お客さんにもお勧めできるように

自宅の改修に併せて

その作業を

今回やってもらったのがこちら☆




周りとのバランスが悪くなるかと

この際、建具を取り替えようかと

思っていましたが

せっかくなので

お願いしてみると

壁などの塗り替えに負けないほどの

綺麗な仕上がり!



もう一箇所は樹種(木の種類)の関係か

完全には黒ずみが取れなかったですが

以前より綺麗な状態に。

※ 写真が洗ったあと、直ぐに撮ったので少し濡れ色になってます。



今回は

壁は塗り直すつもりだったので

今までの塗り壁を落としてから

洗いの作業に入って頂きましたが

壁の塗り直しをしなくても

作業はできます。


ただ

各所の養生や薬剤を壁につけないよう

作業をしなければいけないなど

少し手間が必要になります。



柱の黒ずみが気になる方は


「白木洗い」


検討されてみてはいかがでしょうか☆














特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリから検索