聞いてはいたけど・・・ね。

今日は電車に乗って 大阪方面へ。 あんまり 厳しい 出来ないと 言いすぎると 何もせずに 「出来ない、出来ない言うな!!」 と怒られそうですけど 数か月前の大阪の地震 先日の台風21号 その災害被害の対応で 各業者の職人さんはパンク寸前で 依頼を受けても見積どころか 現地確認するのにも 数週間は待ってもらわないと来てもらえない という状況ですね(苦) そんな中 屋根屋さんから聞いていた 「大阪はもっと大変ですよ」の 現状を見てビックリ!! 大阪へ向かう ある駅から数駅間の間 電車から見える沿線沿いに目をやると あちらにも こちらにも 壁や屋根をブルーシートで 一時的に覆った家が 2,30件くらいは見えたかなぁ まだ、補修工事が 始まっている様子はない。 沿線沿いで かつ 電車に乗りながらでも こんな状況だから 実際はもっと被害はあるのは 間違いない。 先日の台風から 2週間はたっているけど 今でも僕のところに 知り合いを通じて 「どこも対応して貰えなのでお願い出来ないか」 って連絡をもらうんですけど いつ作業が出来るか 直ぐには約束できない。 被害にあった方は 雨漏れも心配だろうし 更なる被害も気になられると思うので 何とかしてあげたいけど 僕自身は基本的に 作業は出来ないから 何とも出来ない無力感に襲われたりする。 想定外の災害だとか 普通では考えられないとか 枕詞のように多くの人は言うけど ここでも いつも書いているように 「定期的なメンテナンスは行う」 やっておくべきだと思います。 そもそも 住宅関連の職人さんは 激減している。 通常の新築・リフォーム工事も 職人さんの確

屋根の話 完成を見ると壮大!!

ココまで来ると 最後の追い込み作業です。 新しい屋根の瓦を施工しやすいように セッティングを行い あとはドンドン 桟に瓦を止めていく作業 やっぱり屋根が大きいと 瓦を並べるだけで絵になります。 ブログの表題では 「壮大」と書きましたが 素直な表現としては カッコイイ!! です(笑) この施工を行った時期も 天候が良い時にはかなり気温も高く 職人の皆さんには 影にならない屋根の上で 頑張って頂きました。 今回の屋根工事には 屋根の軽量化と 表面の構造の強化として 京都市の耐震補助金を申請させてもらい 無事補助金を受けることが出来ました。 耐震の補助金は 基礎や壁の強化だけ と思っておられるかも知れませんが そんなことはありませんので 気になる方は 一度ご相談ください。 ※ 一定条件はありますので必ず確認を!!

さらに屋根の話 その③

合板が張り終わると 防水の為に、ルーフィング張りの工程へ ルーフィングまで施工してしまうと 雨が降っても雨漏れになることは 先ず無いので安心して工事を進めることはできますが 今回はそのルーフィング施工をする直前 工事の進捗途中に雨が降り ブルーシートで養生させて頂いて 天候が良くなるの待ちましたが 一部養生が甘かったために少し建物内に 雨が入ってしまうアクシデントがあり お施主様にはご迷惑をおかけしました。 ( 申し訳ありませんでした ) 仮に雨が瓦の下に 流れてしまうことがあっても ルーフィングによって直ぐには 雨漏れが室内に入ることを塞ぐ効果。 今回の瓦は土を使わず 桟葺きと言われる工法で こちらも軽量化。 屋根工事の内容によっては 既存の屋根材をめくらずに 上から新たな屋根材を施工する工法もありますが 瓦の葺き替え工事となると 元々の瓦は下ろして処分する工程があるので どうしても費用がかさんでしまします。 でも 家を維持するため 安心してこれからも その家に住むためには 必要なメンテナンスの一つなので 雨漏れが今していないからと言って 安心せずに 家が建ってから 20年、30年 屋根に関して何もしてなければ 信頼できる会社に相談されることを お勧めします☆ <追伸> ※ 怪しい会社には気を付けてくださいね

またまた屋根の話 その②

そんな土埃も一旦はおさまり 必要なモノをめくり終わると 空から 光が差し込んでくる。 なんとなく これから新たな空間に変わっていく エネルギーを浴びてるような 今を生きてるーーー!! って感覚に☆ 個人的には ワクワクする瞬間。 ここからは 下地だった杉皮のかわりに 合板を張っていきます。 構造的に強度を増します。 土を下したことで 屋根に対する軽量化になり 杉皮を構造用合板に張り替えたことで 屋根の強度があがり 建物の耐震性もあがるという訳です。

和瓦施工現場 続き

少し日が空いてしまいましたが 町家の和瓦の施工現場の続きのお話。 この写真は、土と杉皮をめくった状態です。 昔の和瓦の下には土 その土の下には杉皮を敷いてあり その杉皮の下には小幅板といわれる(少し幅のある板) その下には垂木と言われる桟のようなモノ 瓦は葺かれています。 その瓦を葺き替えるためには 和瓦を降ろし 土を下ろして 杉皮をめくる その時の 土埃の空を舞う状況は とてつもなく大変です。 ※ 近隣の皆様には大変ご迷惑をおかけしました。 当然ながら 家の中も土ホコリと 煤まみれにもなってしまいます。 僕もここまで 古い和瓦の葺き替えの工事は はじめてさせて頂いたので 葺き替え工事の大変さを 学ばせて貰いました。 (この規模の屋根工事は、 住みながら行うのは難しいでしょうね) でも 雨漏れは一度起こってしまうと 屋根や建物の 傷みが進むことはあっても 「勝手に直ったり」、「もとに戻る」 ようなことは無いので。 古い建物を 維持していくには >>根本的に直す。 もしくは >>解体をして更地にするか >>建替えをするか 選択肢は限られます。 もし、あなたが 持ち家を手にするのであれば 絶対に 家を維持してくために必要な メンテナンスの工程を 知っておくとイイですよ。

追いつかない

この度の 台風21号・北海道地震で 被害にあわれた皆様に対して 心よりお見舞い申し上げます。 自然災害に関するニュースが 増えているように思うのは 僕の気のせいでしょうか。 台風21号の前にあった 大阪の北部地震での被害対応も 完全には終わっていない矢先に・・・。 台風による被害。 僕の会社は 全くご縁のないエンドのお客さんから 直接的な修理依頼は少ないですが 「テレビのアンテナが倒れたので対応して欲しい」 とか 「屋根がめくれた・樋が飛んで行ったので対応して欲しい」 とか紹介者を通じての依頼は増えています。 そのたびに 協力業者に連絡を取りますが 「最低でも2週間待って貰わないと」 だとか 「現場が埋まっていてスグには動けない」 といった回答を貰うことも少なくありません。 ※ とは言っても困られている方は一度、ご相談くださいね。 現地確認や作業も含め、お待ちいただくことにはなりますが。 現時点でも現場の作業をしてくれる 職人のなり手が激減している中で 急を要する今回のような災害が続くと これからは順番待ちということも 今後は珍しくないと思います。 建設業界は すでに 需要と供給のバランスが 崩れている。 このことは、一般の皆さんも 頭の隅に置いておくべきかもしれません。 決して、足元をみているわけでは無く 安さだけで(価格優先で) 工事の依頼先を決めようと思っている方 にとっては 「これからは思うように依頼しにくい 時代に入ってきている」 なんてことを個人的には思っています。 (どういうことか、詳しいことは次回にでも) じゃぁ、どうすればいいか? 普段から 信頼できる人と い

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved