貞子をみた!!

いつも間にか 水廻りの工事率がやたらと多い (株)TAKAMOKU工房 です。 「お風呂の排水の水が流れなくて 洗い場の排水口から逆流して溢れてくるんですぅ~」 なんていう現場。 そもそも建築当時 どんな配管工事をされた現場か 当時のことなんてわからないのに どうするって話ですけど そんな場合どうするか。 今までの経験からおおよそ推測する(笑) 冗談では無くて 推測・想像からはじまる工事なんて ZARA、ザラ、ざら です。 推測はどこまでいっても 推測の範囲を超えないので この現場では お風呂を入替えるってことで 解体からスタートです。 タイル張りの浴室の解体から始まると あ、あっ、あーーーーーっ!!! これか! 貞子が原因でした(笑) あなたは何のことか よくわからないですよね。 排水管から貞子登場です!! ***** 結論はコレ。 排水管に木の根っこ等が入り込んで 温かいお湯と皮脂などの栄養分が 根っこをどんどん成長して・・・ その根に排水で流された髪の毛なんかが絡んで 排水管を詰まらせていた。 ***** 庭に木などを植えていると 養分を求めて木の根がそこから入るんですね。 昔の排水管などは継ぎ目が弱かったりするから ガンガン攻めてくる(笑) 生命力って凄いから グイグイ♪きます。 お住まいの方は まさか!って感じですけど 僕たちからすれば 「排水管詰まった」 あるある話です。 植栽のある家って 緑や花を咲かせたり 気持ちがいいですけど 排水管の経路の近くに植栽を植える場合は こういったことはある。 知っておかれるといいですよ。 あなたの家にも 貞子がいるかもしれまん・・

オーダーカーテンはエエ。

前回のインテリア繋がりで 今回は、カーテンの話。 去年も リフォームをさせて頂いたお客さんから リフォーム工事に関連して 何件かカーテン(オーダー)の依頼を 受けましたけど。 はじめに結論を言えば。 いいですよ☆ オーダーカーテン!! お値段以上○○リさんとか カーテンD。さんとか ホームセンターとか (※ 1窓 ¥10,000-くらいで販売されていた記憶がある) お手ごろ価格なカーテンもいいと思うけど オーダーカーテンが出来上がって 現場に吊り込んでもらうとき いつも 「やっぱり、ええなー」って感じる。 お客さんが納品現場に立ち会われているときは 本気で「いいですねー」って伝える。 (逆行で全く良さ伝わらない写真になったのがミス) 何が違うって ☆仕上がってきたカーテンをみれば一目瞭然☆ 縫製の仕上りが違う 生地のシッカリしていて量産店とは比較にならない オーダーカーテンって グレードに対して値段も比例するけど 「値段は正直」 。 もうひとつ こだわりどころを探しているあなた!! オーダーカーテン です。 お試しあれ。

後回しのインテリア

あなたの家のインテリアって どうされています?? 家具とか照明とかカーテンとか こだわる派? どちらかと言えば適当派? 例えば、あなたが 水廻りリフォームをしようと考え始める。 このときは間違いなく キッチンやユニットバスの 色やオプションはどうしようかと ショールームに足を運んで 時間をかけて検討する。 いいことです。 これから何年も使う設備機器。 美味しい料理を作る空間だし 湯船に浸かって疲れを取る場所だから。 でも、インテリアはどうします?? (と、までは聞かなけど) おおくの人は 「んーー、そこまでは(苦)」 いまのままでいい とか そこまでの予算はない とか カーテンは○○で安く買い揃えます とか これも選択の自由なんで 何に予算をどれだけかけるかって 僕がおせっかいに アレコレいう必要はないけど オーダーカーテンを吊ってみたり 照明をこだわってみたり インテリアも含めて トータルにコーディネートしてみると なかなか素敵な空間になる。 建物全体ができなくても どこかメインの部屋だけでも こだわってみるとか♪ 後回しにして 後からやる人なんて ほんの一握りなのは あなたも知っているでしょ(笑) 今までの照明器具でも明るさは確保できるし 今までの家具でも収納という機能は果たすんだから。 だったら そのときに 少しだけ頑張ってやってみなさい。 (って、子供たちに偉そうに言ってませんか?(笑))

表彰された?!

3、4年くらい前かな。 当時、ある方からのご紹介で リフォーム工事ををさせて頂いたんです。 そのとき、お施主さんのお知り合いの 設計事務所の方がデザインされた内容で 当社がリフォーム工事を施工しました。 今年、早々にその設計事務所の代表の方から電話があって 「表彰されたので、授賞式に出席されませんか?」って。 一瞬、なんのことやらわからず 理解できなかったけど 当時のリフォーム工事を 昨年、コンペに応募されたら めでたく受賞されたって話。 設計事務所の提案で行ったリフォームを 当社はその内容に従って 施工を行っただけなので ハテナマークが頭の中によぎったけど 「施工会社にも賞状が渡されるので、良ければ是非」 と言って頂いたので行ってきました。 会場につくと 大きな花を胸に付けられて いささか場違いな気もしたけど 表彰されるような工事に関われたってことは いい経験させてもらったなと思いました。 機能性を 求めているような リフォームもあれば デザインやコンセプトなんかを 追及している リフォーム・リノベーションもある。 どっちがイイかはどうでもよくて 求められたモノが カタチとなって 認められた(評価された)ってことが 間接的なかかわり方だったけど 嬉しいものだって。 でも、良く考えると もともとこの業界でやりたいことは 既製品のキッチンを入替 既製品の風呂を入替 だけにとどまらないことをしたいな って思っていたから オンリーワンなこと やっぱりやりたいですね。 そんな願望ある あなた!! 一緒に作ってみませんか♪

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved