具体的に言えってね(笑)

現場作業が暑いと改めて実感したとか やってみると分かることがあるとか そんなんじゃなくて 今回、具体的に何がわかったのか 言えよって思っているあなた このあとを読んでください。 ***** では、塗装のことについて少し。 今回、一部分だけ 先に塗装をしておく方がいい場所があってね 職人さんに頼もうと思っていたけど タイミングが合わず 僕が少しだけ塗装作業をすることにしたんです。 ※こういえても一時期 塗装屋でバイトをしてたときがあって それなりに塗るんです(笑) 今回の塗料は ウッドデッキとか木製の柵とか 木部に塗る 最近では色合い的に 町家っぱく仕上げたいときなんかに よく使われている塗料 で、 すこし前に同じ材料を塗っていた 現場で作業してくれていた職人さんに 質問癖のある僕は聞いたのでした。 「これ室内で使ってもいいのかな??」 「いやぁ、使いませんね」 「これは、外部用ですからね」 取り扱い方法を 少し読めば書いてある・・・。 この塗料は外部の木部に使う塗料だと。 まだまだ知識不足のワタクシは 恥ずかしながら 室内でも使ってもいいと 思っていたってこと(恥) そう! 今回自分で作業をしたことで なるほど納得。 なぜダメなのか分かったワケ! 外部の木部に使う塗料ですっからね。 腐りにくくするために 防腐材 虫に喰われないために 防虫剤 が入っているんです。 そういえば 薬剤の匂いがしてますよ。 「防腐剤だー!」って匂いが(笑) そりゃ、 室内で使うとあまり良くないよね。 知識だけインプットすれば いいちゃ、いいけど 体感することは 僕にとっては凄く意味がある。 でも、木部

やってみるから分かること。

いやぁー、 まだ梅雨も来ていないのに 毎日、夏が来たかのように暑いですね。 現場で作業している協力業者の皆さんには いつも頭がさがります。 いつもありがとうございます。 今日は、「体感するからわかること」って話を☆ ***** ・本で読んだから ・誰から聞いたから 「だから○○ですよ」 知識として蓄積されるから 何もしないよりはいいけど 「で、実際はどうなん??」 って聞かれたとき 何かでみた・どこかで聞いたでは チョット説得力に 欠けるような気がするんです。 個人的に現場に関しては 単なる知識量を増やすだけじゃなく 体験(体感)できる機会があるなら 体験(体感)してみようと思ってる人間。 だから、 たま~に少し時間に余裕があって タイミングが合った時とか どうしても現場に動ける人がいない時とか 現場の手伝い程度のことでも 自分が動いてやってみる 「髙木」です(笑) そうすると 目でみて確認して 手で触って確かめて 鼻で嗅いで確かめてみて 「おーこれがアレなのか(笑)」 って体感してみて 自分の腹に落とす! そうすると 「あれなんだたっけ?」にならないね。 そう簡単には忘れない。 暑い日の現場作業を体感すれば 作業してくれる人たちに 感謝のひと言に尽きる。 でも普段は まず現場で何か作業をするとかないですね。 なぜか?? 理由は簡単。 集中してやりだすと 現場にいる時間が長くなって 他の仕事が出来なくなるから(笑) 何かつくることに関わっているのが好きやから☆ DIY好きな方 何か聞きたいことがあれば分かる範囲でお答えします。 6月度はDIYに関する相談も受付ます!! 問合せフ

耐震性が気になります。

「この家の耐震性が気になるんですが・・・」 こんな相談を先日頂きました。 話をお聞ききすると 15年ほど前の3階建て木造住宅 中古物件を購入されたようで 耐震性はどうなのかと心配になったとの話。 そもそも 当社は耐震リフォームを 全面に出してる訳じゃないので そういった相談は少ないんですけど とても家のことについて 意識が高いお客様でした。 阪神淡路大震災 東日本大震災 熊本地震 大きな地震が起こったあとは 自分の家の耐震性が気になったも多いようですけど 時間の経過って少し怖いですね。 どんどん意識レベルから薄れてしまう・・・。 特に京都なんかは 古い建物が多いわりには 一般住宅については 地震対策は進んで 聞いた記憶がありますけど あなたの家はどうですか? ※ こちらの建物は3 前の所有者の方が建てた当時の 「構造計算書」なる資料をちゃんと保管されていたので 計算書を元に造られていれば 大きな問題はないだろう という結論にいたりました。

善か悪か?

そもそも論として 多くの住宅建材なんて化学物質の塊だってこと。 人工的につくられたモノだから 仕方ないというか当たり前。 大昔はなかった素材が 近代化とともに 世の中が求めたこともあいまって 「大量生産」 「施工のしやすさ」 「価格の安定」 「安定供給」 が見込めるこの手の建材が 世の中に流通して 受け入れられたってことってことだし。 だから 今、主流の建材や材料が悪いわけでは無く 使う人がその性質を理解して 何を選択するかってことが 大事じゃないかと考えています。 でも、そのためには 提案する側が選択肢を狭めないことかなって 思っているんですよね。 個人的には情報提供してもらって 幾つか選択肢の中から 選ぶ方がいいと思っている人なので(笑) ***** あっ、ちなみに わざと選択肢を狭めて提案している例が 大手などがよくやってるコレ! 「水廻り◯◯パック」 「外壁◯◯パック」 選択肢を狭めて 自由度をなくして 価格を押さえて提供している商品。 ***** 当社は、 こんなマネは出来ないし 無理にしませんから 当社と パック商品を提供している会社と 価格の比較したいとか 言わないでくださいね☆ そんな場合 間違いなく希望に添いかねますから(笑)

だったらどうするか。

前回の続き 新しい匂いは 「化学物質」の匂い って言ちゃいました。 気にならない人は まったく気にならないでしょうけど 一度、聞いてしまったら 気になってしまう人もいるでしょ。 (気にならないあなたは、ココまで!(笑)) 「話すだけ話をして そのまま終わらないで!」 「そんな時、どうしたらいいの?」 って思ったあなたは続きをどーぞ♪ でも、その方法は至って単純☆ ひとつは、 ➀ この手の建材や材料は使わない もうひとつは ② 換気を徹底的に繰り返す! ①はいわゆる 建材・塗料などは自然素材の材料を使うってこと。 予算の都合で 現実的に100%は無理だとしても 50%くらいは自然素材を使うようにしてみるとか 寝室だけは自然素材を使ってみるとかすれば 発生源は抑えることはできるし やりようはいくらでもある。 ②は そうはいっても最近の建材を使いたい。 そのうえ お金を掛けずに 少しでも化学物質の影響を受けたくない っていう わがままなあなた! 工事が完了して 実際、その建物(空間)を使うまでの間 可能な限り換気をするといい。 (特にこれからの時期) 閉めきった密閉した空間で 部屋や空間の中が蒸されてしまうと 化学物質が蒸発して 室内空間に放出される それをどんどん換気することで 室外へ出す! これね☆ 賛否両論あるようだけど 参考までに <「ベークアウト法」で検索> ※ これからの時期は、 室温をあげなくても充分だと思うけど。 どちらにしても「換気は大事!」 新築中のあなた! リフォーム中のあなた! お金のかからない対処方法を ここで知ったんやから 工事完成して入居するまでの間 時

新しい匂いの正体は◯◯!

前回の投稿から1ヶ月ほど経ってしまったけど 改めて気になった 「新しく造られた空間」と「ニオイ」 の関係について今回、少し書いてみようと。 少し前に新築物件に スポット的に関わっていて その建物の室内の天井や壁の仕上げを 塗装で仕上げた仕様だったんです。 簡単にいうと室内はペンキ塗り。 ほぼ完成の時に 閉めきった、その部屋に入ってみると・・・。 「新しいぞ!」っていう 匂い充満していたんですよ。 「新しいぞ!」っていう匂いって何やねん? ってツッコミが聞こえそう。 抽象的過ぎか(笑) その匂いの正体は・・・。 新緑の引用とは程遠い アレです。 アレ!! ***** 店舗でも住宅でも 何でもいいんですけど 新しく建てられた空間 とか リニューアルされた建物の空間 に出入りされた経験はありますか? 「そんな経験、ありますよ」 っていうあなたに質問です! そのとき何か感じたことってありません? 視覚的に 「キレイになった」 とか 「新しい雰囲気がする」 とか 感じたかもしれないですね。 それと併せて 嗅覚で感じたりすることは無いですか? 具体的に表現するのは難しいけど 「新しい匂い」ってヤツです。 (あーわかるって人だけ続きを読んでください(笑)) 新しい匂いっていいなぁ~って思います? そ、そっ、そりゃいいですよね。 確かに「新しい!」っていい。 でも、多くの場合は 新しい匂いの元は「化学物質」ですから。 特に建材や材料に気を使っていなければ ほぼ間違いないと言ってもいいんじゃない。 これって建材や仕上げ材に使われている 「接着剤」とか「塗料」とかの匂いってこと。 そんな住宅環境が

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved