引き締めきたいなら黒で。

土間に塗るコンクリート 普通に仕上げると 仕上がりの色は灰色。 乾くと白っぽい灰色と言う感じかな?? ガレージの床仕上げなどで よく見かけるあの灰色の感じ。 使う場所によって グレーでは何かねぇと思うあなた。 「墨入りモルタル」 という施工方法も選択できます。 この写真は塗りたてなので 真っ黒な感じですけど 乾くともう少し白っぽく仕上がります。 「黒」というより「濃灰」と言う感じかな? 業者によって 使う材料や施工方法が異なることもあるので 相談されるときは 仕上がりの状態やメリット・デメリットを しっかり聞いて依頼して下さいね。 ” 現場の状況によって 仕上がりの風合いも変わることがあるのでご注意を ” 和っぽくも見えたり 合せる建材によってはモダンに見えたり 全体的に引き締まった感じがして なかなかいいですよ。 選択肢のひとつとしてどうですか☆

どういうことかと言うと。

古い空き家物件 (いわゆる、流行りの町家物件) のリノベーションを検討するとき 「建物がどんな状態なのか知っておく方がいい」と 前回ここで書きました。 ちょっと雑な言い方をしていましたね。 せっかくなので 具体的に一つ例に出してお話しておきますね、。 町家物件(町家っぽい物件も含みます)は 何度か改修工事をしている場合は別ですが 水廻りが今の時代にあった造りになっていない。 と言うことがあります。 トイレは、母屋の中にはなく 建物の奥の方に 離れのように造られていることが多いんですよね。 建物がいつころまで使われていたかにもよりますが 汲み取り式トイレのまま放置されれいる ということもあるでしょう。 また、 水洗トイレに改修されていても そのまま再利用するということが 難しいという事は少なくありません。 トイレとは別に考えておかないといけないこと この手の物件の多くには 「お風呂」 がないということ。 当時、内風呂なんて贅沢なモノはなく 外湯(銭湯)などを利用していた 時代の建物が多いということです。 あと水廻りで言えば「台所(キッチン)」 さすがに 台所が建物内に無い という物件は「ない」ですけど 現実的に今も使えるモノかといえば なかなか難しい。 と、なると 水廻り関係はほとんど やりかえの必要が出てくるということです。 「そんなの当然でしょ?」と思われているあなた。 素晴らしい! でも、一般的なリフォームみたいに 表面的に綺麗にするだけはすみません。 ***** 一旦、昔の配管を掘りかえして 撤去して 処分して 新たに配管を入れ替える。 ***** 0から造るのではなく

物件購入する前に知っておく◯◯。

既にブームですけど 空き家(町家)物件を ゲストハウス・民泊の用途として再利用する リノベーション。 そろそろ元になる手ごろな空き家物件も 少なくなってきているような話も耳にしていましたが まだまだ、動いているようです。 もしあなたが、 はじめて民泊を始めるために 物件購入をしようと考えている(購入した)なら ◯ 現在の建物はどんな状態か ◯ 民泊として使えるようにする為に必要な工事は何か ぐらいは最低限知っておく方がいいでしょう。 いざ、手持ちの予算で物件を購入しても リノベーションにかかる工期や費用など 後で知って 「ビックリ!!」 なんてことも少なくないので。 一般的に中古物件を購入して 自分たちが住むために リフォーム工事を行うよりも 旅館業法にそった改修を行う必要があったり 長期間空き家として放置された物件の場合 建物として傷んでいる部分が多いので 費用の面でも工事期間の面でも 少し状況が違うので注意してくださいね。 事前相談はいつでも受け付けているので 問合せフォームから もしくは 直接、電話をかけて貰うのでもOKです☆

アクセントが欲しい方は是非☆

ブログのUPがかなり空きましたね。 何かと書きたいことはあったんですよ。 ただ、ブログサイトが安定していないのか 直ぐにフリーズして 書き込むのに数時間もかかる状況が ストレス満載で 少しあけていてしまいました。 そんな諸事情はさておき・・・。 この業界にも それなりに 「流行り廃りってあるんですよ」 って話。 床材や建具などの建材の色味なんか ダーク系が良く使われた時期や ナチュラル系が良く使われていた時期とか。 内装建材として木が良く使われてみたり 塗り壁が使われてみたり。 そんなこともあって 時間があるときに 今は何が流行ってる?? なんてことを考えてみたんですけど。 ありましたよ。 ありました。 「 タイル 」 です 「 タイル 」 昔は、僕も トイレやお風呂・台所前 形もサイズも色も限られていて 昭和っぽさ満載のイメージを 持っていたんですけど 最近は、輸入品も含めて 色も形も可愛い種類も増えて 洗面所やトイレ・キッチンの壁など アクセント的に使われているのを 見かけるようになってきました。 (これは、タイルのメーカーのショールームですけど) どうです?? お洒落じゃないですか? 家のどこかにこんなタイルが張ってあれば テンション上がってしまうでしょ! やっぱりクロス貼り工事なんから比べると 費用は割高ですけど ちょっとした面積でも ワンポイントで使うと ぐぐぐっっと 高級感やお洒落感が増し増し☆ ここぞ!という場所があれば、 内装材料の一つとして 「タイル」 チョイスしてみてはいかがでしょうか EndFragment

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
カテゴリから検索

©2016  Takamokukobo All Rights Reserved